« クルマ@自作デイライトに使うLED素子の選定 | トップページ

PC@ホームサーバのリニューアル用メモ

MicroSoftのサポートがとっくに切れたWHS2011サーバをどうしようかと考えていたら、似たようなハードウェア構成の記事があったので参考になりそう。
10年も昔のML110G6(メモリ2GBで初期のCore i3)とはいえコンパクトで冷却系のしっかりしたサーバ機(いわゆる鼻毛鯖)が今では貴重だし、世の中にはメモリ1GBのATOMで動作してるストレージサーバもあちこちで現役だろうしスペックとしては必要十分だろう。

自宅サーバのリニューアル – WHS 2011からWindows 10へ

« クルマ@自作デイライトに使うLED素子の選定 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クルマ@自作デイライトに使うLED素子の選定 | トップページ