« クルマ@Keiのブレーキ球をLED化するとABS警告灯が付いてしまう対策 | トップページ | クルマ@自作デイライトに使うLED素子の選定 »

バイク@Wave125iのボアアップキットの互換性について

2018年モデルからLED化されたタイホンダのWave125iに関する考察記事、"スーパーカブC125の考察(エンジン編)"によると、
"Wave125iのインジェクター(#6)も、19MからK76-T61に変更になっています。 その前のK03は 11M~15M Wave110iです。
ちなみにインジェクターがK03-T11になったのは、メットインになった14Mからです。 GROMやモンキー125もまだK03-T11を使っています。"
とのことなので、HelmIn用のボアアップキット(純正ECUのままインジェクタだけ交換して燃料増量に対応する)は使えるのかどうか。
LED化と併せて排気管に触媒がついたけど、C125やGROMも触媒付きながら同じインジェクタを使ってるということは、単なる燃料噴射量の容量変更ではなく、噴射特性も違んじゃないだろうか。
あわよくば互換性があって、ノーマルの触媒のままボアアップしたら触媒が異常加熱するから使えないだけで、触媒なしの排気管に交換すればボアアップキットに使えるならありがたいのだけど…(淡い期待)

« クルマ@Keiのブレーキ球をLED化するとABS警告灯が付いてしまう対策 | トップページ | クルマ@自作デイライトに使うLED素子の選定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クルマ@Keiのブレーキ球をLED化するとABS警告灯が付いてしまう対策 | トップページ | クルマ@自作デイライトに使うLED素子の選定 »