« 今日のはるかぜちゃん(船娘) 双暗車ということはツインテールってことだな(拡大解釈) | トップページ | グルメ@今日の #ラーメニング 桜ノ宮(大阪)の桜ノ宮の光龍益のチャーシューメン »

#スト観劇 ニュー道後ミュージックに行ってきた 20160827

#スト観劇 ニュー道後ミュージックに行ってきた 20160827
#スト観劇 ニュー道後ミュージックに行ってきた 20160827
#スト観劇 ニュー道後ミュージックに行ってきた 20160827
夏の道後温泉の名物、怪談ストリップを見に行ってきました。
昼過ぎに着いてゆっくり温泉でも浸かってから劇場に向かうつもりが、道中のグダグダに加えて松山市内の猛烈な渋滞に巻き込まれ、到着したのは開演1時間後という始末…

トップバッターの白咲かのんさんは、この手の演目に慣れていらっしゃるのか見事な演技力で、
ストーリーとしても最終的に復讐は果たせたのか、それすら幻だったのか、彼女は最後に死んだのだろうか、などなど
幾重にも捉えることができる見事なものでした。(実はちゃんと読み解けるけど2回観ただけでは分からなかったかも?)
ポラショーの時のお客さんとのトークも聞いていて面白いし、常連さんたちからも愛され方がハンパじゃないし、良い踊り子さんでした。

さくらみみさんの地獄少女は、コスプレで再現するのが難しいキャラなのに踊りの中ではあの独特のオーラを再現されていて、
演目の内容としてはオカルトキャラクターによる踊りということで、1番安心して観ることができました。

葵マコさんは噂に聞く踊り子さんだったので割りと覚悟して臨んだつもりでしたがダメでした(惨敗)。
「ゆうやくん」の演目の中で、ひたすらニコニコしながら繰り広げられていく狂気とその終わり方や
「ほたる」の世界の中で淡々と日常生活が繰り広げられていく見事なストーリーとその世界を表現しきる演技力
この踊り子さんは天才というか奇才というか、ここまで圧倒的に演劇要素を詰め込んだ演目とそれを演じる人がいることの衝撃は
演目そのものの衝撃にさらに追い打ちをかけて衝撃に打ちひしがれることになります。

ラストの華月漣さんの「阿部定」は、事件としては有名ですが1つの演目の時間の中に話がキチンと詰め込まれていて、
そのメリハリのあるストーリーと迫力の演技と衝撃的なアレは、まさしくホラーの名に相応しい演目だと思いました。
お客さんとの話も上手くて機転も効くし、でも自分のファンにはドSという、常連さんにはタマらないキャラクター性だと思います。
そういえばアレがまだまだ残ってるので今日明日ともに増量中という、フランクフルトを作る話を耳にしました(ネタバレしない程度のネタバレ)

« 今日のはるかぜちゃん(船娘) 双暗車ということはツインテールってことだな(拡大解釈) | トップページ | グルメ@今日の #ラーメニング 桜ノ宮(大阪)の桜ノ宮の光龍益のチャーシューメン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10222/64122144

この記事へのトラックバック一覧です: #スト観劇 ニュー道後ミュージックに行ってきた 20160827:

« 今日のはるかぜちゃん(船娘) 双暗車ということはツインテールってことだな(拡大解釈) | トップページ | グルメ@今日の #ラーメニング 桜ノ宮(大阪)の桜ノ宮の光龍益のチャーシューメン »