« 渋谷道頓堀劇場に行ってきた 20160625 #スト観劇 | トップページ | 東洋ショー劇場に行ってきた 20160711 #スト観劇 »

新宿TSミュージックに行ってきた 20160626 #スト観劇

休日の新宿TSの夜は面白いと聞いて、改めて足を運んでみました。3回目の公演からの観劇でしたがさすが休みの日は混雑していて身の置き場所に困る感じでした。

今回初見だった花咲はなさん 童顔を活かした演目で子供の習い事の発表会みたいな演出で、ピアノの練習曲をBGMに使う辺りの芸の細かさが面白かった。

当日から香盤した春野いちじくさん 以前に岐阜の舞台で観劇したお人形さんみたいな雰囲気の踊り子さんですが、以前に見たときよりも動きのしなやかさや余裕が増したように感じました。以前見たときはこの方は表情少なめな印象があったのだけど、今回新たな演目を見た感じだと、敢えて表情を絞って人形っぽさを演出してるのかもしれない。髪型がパッツンなのも良いけど、髪を上げた姿もなかなか似合ってて、さすがポラ待ちの時間がすごいことになってました。


川村あいねさんも初見の踊り子さんでしたが、4番手だけあって踊りも客いじりも中々の実力でした。なにより4回目の公演からロシア系の団体さんが来館してたのですが、その中の1人が恥ずかしがってなかなか舞台を見ようとしないのを踊りながら弄りだして団体さんたちバカ受けしてました。こういうアドリブと気遣いが出来る余裕はさすがだと感じました。

トリの青山ゆいさん 以前に東洋ショーでTEAMスーパードライとしてコンビで香盤されているときに見た時、そのバリエーションに富んで感情表現の豊かな踊りからさぞかしすごい踊り子さんだろうと期待していました。まさしく期待以上のスゴくキレのあるダンスのオンパレードはただただ圧巻としか言えないすごくカッコよくて迫力満点でした。
マイペースに盛り上がっていたロシア系の団体さんや常にザワザワしていた東南アジアの団体さんもあっという魅入って静かになり、まさにダンスによる鎮圧といった迫力でした。ダンス後半では再びロシアのお客さんを煽って、会場全体を一気に盛り上げて最後は舞台からも客席からも「スパシーバ」の大合唱、踊りが持つ文化の壁を超越する力を改めて体感しました。
ちなみに、TEAMスーパードライで男役を務めておられた時はチンコ付いてたとしか思えないほど逞しい男性像を演じておられましたが、今回のアゲアゲでイケイケでノリノリな演目では全く別人のように女性らしい踊りで、アレは骨格の造りの違いすら再現し、それが当たり前かのように踊っておられたのだと改めて感服しました。

« 渋谷道頓堀劇場に行ってきた 20160625 #スト観劇 | トップページ | 東洋ショー劇場に行ってきた 20160711 #スト観劇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10222/63941411

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿TSミュージックに行ってきた 20160626 #スト観劇:

« 渋谷道頓堀劇場に行ってきた 20160625 #スト観劇 | トップページ | 東洋ショー劇場に行ってきた 20160711 #スト観劇 »