« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

市長雑感(第307号) 川南造船所への思い

リンク: 市長雑感(第307号) 川南造船所への思い.

コミックマーケット81( 2011/12/30(金) の 「Durability Limit」 (東ハ55b)にて三弦橋写真集「三弦橋マニアクス」と被災前の仙台臨海鉄道の写真集「蘇れ仙台貨物」を頒布します

リンク: Circle C81.

2011/12/30(金)コミックマーケット81 東 ハ55b 「Durability Limit」 における
特殊同人「電幻開発」発行の頒布物は以下の通りです

●『とある港の貨物鉄道』 その1 ~蘇れ!仙台貨物~
Sdk
A5サイズ フルカラー28ページ 500円
被災前の仙台臨港鉄道の風景を凝縮した1冊

●『三弦橋マニアクス』
Ttb2
A5サイズ フルカラー28ページ 500円
日本全国の三弦橋を撮り溜めた三弦狂のための1冊

●『名羽線沿線観光ガイド』 2011追補版
A5サイズ 4ページ 希望者のみ無償配布
名羽線調査における2011年の差分情報資料集
※過去配布分との差分情報のみ掲載となります

その他のサークル頒布物に関しては以下の通りです。
最新情報についてはサークルのWebサイトでご確認ください。

1、Local Vol.17 <新刊> 廃線風景
オフセット本 B5版40P(本文36P) 表紙・裏表紙フルカラー \300- 作者=外側快速
神岡鉄道(旧 国鉄神岡線)、新潟東港専用線(旧 新潟臨海鉄道)、敦賀港線

2、廃線ファン2011年12月号 <新刊> 廃線モノクロ写真集
オフセット本 B5版32P 表紙・裏表紙フルカラー \300- 作者=非鉄金属

3、終電風景 <新刊> JR天王寺駅
コピー本 B5版18P前後 表紙・一部本文フルカラー \100- 作者=外側快速
JR天王寺駅 関西本線・阪和線を主とした終電風景。

4、Local Vol.16 <既刊> 廃線風景
オフセット本 B5版60P(本文56P) 表紙・裏表紙フルカラー \400- 作者=外側快速
のと鉄道能登線・新潟交通電車線・信越本線貨物支線
能登線は廃線後の全駅を掲載、部分開通時の時刻表など。
新潟交通は5年前と現在の駅跡の様子、準急列車運行時の時刻表などを掲載しています。
(2011.8.14発行)

上記のほかに

「Local Vol.14」オフセット本 B5版40P \300-(既刊 2009.12.30発行)
「Local Vol.15」オフセット本 B5版68P \400-(既刊 2010.8.15発行)
「私鉄沿線」オフセット本 B5版32P \200-(既刊 2010.12.31発行)
「終電風景 大阪市営地下鉄」コピー本 B5版20P \100-(既刊 2011.8.14発行)

焼玉エンジン - YouTube

リンク: 焼玉エンジン - YouTube.

グルメ@今日のラーメニング 新開地「神戸っ子」の白ラーメン

グルメ@今日のラーメニング 新開地「神戸っ子」の白ラーメン
グルメ@今日のラーメニング 新開地「神戸っ子」の白ラーメン
町歩きツアーの下見の付き添いで新開地をウロウロしたついでに
以前から気になっていた「神戸っ子」で白ラーメンを食べてみました

白ラーメンはトンコツスープながら口当たりは濃くなくて
いわゆる関西風のトンコツラーメンと言えるスープです

関西のトンコツラーメンは本場の博多ラーメンに比べると
獣臭さを抑えるためにスープが薄いことが多いのですが
この白ラーメンは関西人の味覚に合うようにトンコツ以外の
旨味が加えられている感じで、口当たりはまろやかなで
スープの味はしっかりしてるのに臭みは感じないという
よく考えられたラーメンでした

普通のラーメンもチャーシューが旨そうでリベンジ必須です

グルメ@今日のラーメニング マルちゃん 正麺 醤油味

グルメ@今日のラーメニング マルちゃん 正麺 醤油味
驚くほど美味しくて有名という触れ込みで1つ貰ったので食べてみた

作り方は普通のインスタントラーメンと特に違うところもなかった

一口食べたら普通のラーメンだった

二口目もやっぱり普通のラーメンだった

普通のラーメンが大評判なのか?と思いながら三口目を食べてみた

やっぱり普通のラーメンだ、と思うと同時にやっと気付いた


違和感がないほど「普通のラーメン」だ

麺にもスープにもインスタントラーメンっぽさがない

「中華三昧」が麺の歯応えと味付けでインスタントっぽさを
隠しているのに対して、「麺」は真っ向から普通のラーメンを再現してる


ようやくインスタントラーメンも21世紀に突入しました

世界はまだ石炭に期待している - 北の心の開拓記 釧路編 [小松正明ブログ]

リンク: 世界はまだ石炭に期待している - 北の心の開拓記 釧路編 [小松正明ブログ].

グルメ@吉野家の新メニュー 十勝仕立て豚丼を食べてみた

グルメ@吉野家の新メニュー 十勝仕立て豚丼を食べてみた
吉野家が狂牛病で豚丼を始めたとき、こんなの豚丼じゃないと感じた人は
道民に限らず北海道を旅した人なら誰でも思ったことでしょう

そしてここに来ての新メニュー、十勝仕立て豚丼と言う名前にも
どうせ松屋のステーキみたいに同じ薄い肉を使い回しているんだろう

そういう風に思っていた時期が私にもありました(キリッ)

しかし私にとって北海道ツーリングの師匠でB級グルメ研究家の友人が
Twitterで絶賛しているのを見た私は居ても立ってもおられず
思わず電車に飛び乗って夜の街をさ迷い歩いて吉野家にたどり着いたのです
(意訳:仕事を定時ダッシュで帰って駅出口から徒歩1分の吉野家へ)

長い前振りはおいておいて(笑)


十勝仕立て豚丼は確かに帯広名物の豚丼を思い起こさせるに充分でした
本場の豚丼ほど肉厚ではないものの歯応えのある厚みと焼き加減に加え
あのソースの味も似せてあるので豚丼の名を裏切らない出来栄えです

本場には及ばないとは言え、価格は1/3かヘタすると1/5なわけで
しかもそれが吉野家で気軽に食べられるというステキなソリューション

昼飯で混雑する前にぱんちょうに並んで豚丼でも食べようとしたはずが
着いた頃には帯広警察前の吉野家しか開いてなかったとしても(実話、しかも一度や二度じゃない)
この出来栄えなら帯広に来た気分を味わえることでしょう

雪融けまでの半年はコレで満足できそうです(⌒~⌒)

2012年北海道炭鉱遺産カレンダーに羽幌炭鉱が! 羽幌炭鉱を世界遺産にする第一歩です!(俺は何もしてないけど

2012年北海道炭鉱遺産カレンダーに羽幌炭鉱が! 羽幌炭鉱を世界遺産にする第一歩です!(俺は何もしてないけど
2012年北海道炭鉱遺産カレンダーに羽幌炭鉱が! 羽幌炭鉱を世界遺産にする第一歩です!(俺は何もしてないけど

グルメ@スーパー銭湯「加賀ゆめの湯」のビッグサイズのガーリックナン

グルメ@スーパー銭湯「加賀ゆめの湯」のビッグサイズのガーリックナン
石川県でオススメの国道8号線沿いのスーパー銭湯「加賀ゆめの湯」
(営業時刻は24時間、ただし1回の利用は6〜28時まで)

家族向けフードコートを併設してるというありがちなスーパー銭湯なのですが
風呂上がりの眠気に負けて試しにインド人がやってるインド料理屋に行ってみた

ナン1枚が350円だか420円だか、行楽料金だな
と思って焼けるのを待っていたら出てきたナンがナンと!
(ココ笑うところですよ、後は笑うところないですからね)
この巨大さ!しかもガーリックバターと刻みガーリックという素晴らしいトッピング

最近のスーパー銭湯は道の駅+物産館以上のクオリティで驚くばかりですね
これは併設の海鮮料理屋も試してみる価値はあるかもしれません

グルメ@今日のラーメニング 大阪中崎町の中崎商会

グルメ@今日のラーメニング 大阪中崎町の中崎商会
梅田から少し歩いた中崎町で商店街に入って7軒目
黄色い看板が目印の有名なラーメン屋中崎商会は
営業時刻がシビアでしたがようやく食べられました

昼と夜でラーメンのスープの種類が変えてあるので
夜は正油ラーメンなのですがオススメメニューには
アサリを使った塩ラーメンが!
グルメ@今日のラーメニング 大阪中崎町の中崎商会

これは見逃せない、と全トッピング入りを頼むと
期待以上に舌触りまろやかなアサリのスープ!
自分の中でアサリ塩ラーメンの基準であった名寄の
一善やを軽く凌駕するスープの作り込み!
(一善やは素材を活かした素朴さの北海道っぽい味)
チャーシューは大きく柔らかくて弾力もしっかりで
こんなステキなトッピングで100円増しだから驚く

麺は細麺とちぢれ麺が選べますが、細麺ながらも
スープを上手いくらいに絡むので食べ心地が最高です


中崎町は面白いカフェが多いのでデートの帰りにでも
颯爽と立ち寄ればオトコとしてのカブも上がりまくり
ナイスショットナイスインだよ女房の奴今日もご機嫌でね

メイド@神戸のメイド喫茶 ステラ☆パルフェで試作メニュー(黒メイド?)を頂いて来ました

※本来の黒メイドという名称は、メイド喫茶の歴史(黒歴史?)に残る伝説のお店
リバースムーンの料理制度ですが、ここでは「ネタになる創作料理」という意味です


というわけで仕事帰りに液晶モニタの値段を調べて回ったものの価格コムに惨敗して退散
ロリータのモデルをやっているメイドさんも居るメイド喫茶ステラ☆パルフェに寄りました

寒いのもあって最初は無難にロイヤルミルクティなどを堪能していたのですがせっかくなので
以前に裏メニューにあったコンソメスープなどを頼んで見ることにしてみたのですが
ちょうど以前のメイド料理長も居られたので黒メイド的な方向に話は進んで行って
恐らくイケそうという目論見で「コンソメホット黒酢スープ」という黒メイドが出来ました
メイド@神戸のメイド喫茶 ステラ☆パルフェで試作メニュー(黒メイド?)を頂いて来ました

ホット黒酢という時点でゲゲボな印象を持ちますがコレが意外に後味サッパリで美味しくて
トマトの入ってないミネストローネという感じのステキな料理になりました
(料理長曰く、バルサミコ酢を使うとホントにただのイタリア料理になりそうとのこと)

特に酸味のある後味をキノコがスッキリさせてくれるという見事な組み合わせでした

強いて難を言うなら、スープを飲む時に息を吸うと、揮発した酢酸でムセるという
いくらミネストローネっぽくてもお酢はお酢という、ネタも失わない意味でもオイシイです


その後、店を閉めた後にメイドさんへの賄い料理の巨大オムライスにも同席させて頂き
みんなでケチャップで寄せ書きするというカオスで面白いシーンにも遭遇できました
(メイドの賄いにはタマタマ同席できたので、そういうイベントはありませんので悪しからず)
メイド@神戸のメイド喫茶 ステラ☆パルフェで試作メニュー(黒メイド?)を頂いて来ました

ちなみに同席のご主人様は、リバースムーンのデスソース強化月間に出くわしたらしく
非常に印象的に覚えて居られました(笑)

12月04日(日) 兵庫県朝来市生野マインホール  「鉱石の道シンポジウム ~金属鉱山ともう一つのヤマ炭鉱遺産~」

リンク: 鉱石の道 シンポジウム NPO法人 J-heritage(ジェイ-ヘリテージ)|近代化産業遺産の冒険旅行・歴史観光.

//

鉱石の道シンポジウム ~金属鉱山ともう一つのヤマ炭鉱遺産~

日時:平成23年12月04日(日) 13:00~16:00
場所:生野マインホール(〒679-3301 兵庫県朝来市生野町口銀谷594 Tel.079-679-4500)
定員:400名(車椅子5席)
参加費:無料

主催:鉱石の道推進協議会
企画・運営:特定非営利活動法人J-heritage
企画協力/後援等:兵庫県但馬県民局、朝来市、養父市、銀聲舎、HEBU G.Arts Office、他
問い合わせ先:〒668-0025 兵庫県豊岡市幸町7-11 地域政策室地域振興課内 鉱石の道推進協議会事務局 TEL.0796-26-3611


パネリスト:
・坂本道徳(NPO法人軍艦島を世界遺産にする会理事長)
・吉岡宏高(札幌国際大学観光学部教授 NPO法人炭鉱の記憶推進事業団理事長)
・中田健一(島根県大田市教育委員会石見銀山課遺跡調査係長)
・中尾一郎(鉱石の道明延実行委員会会長 明延区区長)
・和田幸司(朝来市生野支所地域振興課副主幹)
・西田信之(産業遺産伝道師オープロジェクトメンバー J-Heritage顧問)

//

音楽@「ラーメンたべたい」 矢野顕子 /奥田民生

矢野顕子 ラーメンたべたい 1984

奥田民生 / ラーメン食べたい 2004

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »