« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

グルメ@今日のラーメニング 平岡食堂

グルメ@今日のラーメニング 平岡食堂
グルメ@今日のラーメニング 平岡食堂
グルメ@今日のラーメニング 平岡食堂
グルメ@今日のラーメニング 平岡食堂
宇部からの帰り道に岡山のオタク層には定番の「ひらしょく」こと
平田食事センターでラーメニングしてみた

ちょうど有名な「本当に恐ろしい場所を見つけてしまった」の現地を
数年ぶりに見ようと思っていたものの笠岡バイパスの渋滞を抜けて
一気にペースが上がったうちに行きすぎてしまっていました

ラーメンとしてはごくごく普通なので、敢えて「平食で朝食を」と
しゃれこむのでなければわざわざ味を運ばなくても充分かもしれません

グルメ@今日のラーメニング 玉津ラーメン(旧2国ラーメン玉津店)

グルメ@今日のラーメニング 玉津ラーメン(旧2国ラーメン玉津店)
グルメ@今日のラーメニング 玉津ラーメン(旧2国ラーメン玉津店)
かつて神戸でチェーン店同士が凌ぎを削るラーメン戦争がありました
その1つに、山盛りのチャーシューが売りの「ラーメン2国」がありました

今で言う二郎系のヤサイマシくらいチャーシューが山盛りなのが並で
チャーシュー大盛りはヤサイマシマシくらいのチャーシュー塊でした
箸をつけただけでチャーシュー塊は崩壊し受け皿に落ちるほどの激盛りで
店の片隅ではスライサーが淡々と肉塊をスライスし続ける音が響くという
凄いラーメン屋が神戸に何ヵ所もありましたががそんな戦争も今は終わり

2国ラーメンは名前こそそのままながら普通のラーメンだけになって
チェーン店も次第に別の店になってほとんど姿を消してしまいました

そんな中、玉津の175R沿いに当時の味のまま営業してる店があります

というわけで文章が長くなりすぎたので味については秘密ということで

グルメ@今日のラーメニング 長船ドライブインの100円ラーメン

グルメ@今日のラーメニング 長船ドライブインの100円ラーメン
グルメ@今日のラーメニング 長船ドライブインの100円ラーメン
グルメ@今日のラーメニング 長船ドライブインの100円ラーメン
国道2号線沿いの「ラーメン100円」の巨大看板に釣られて
ついつい寄り道ラーメニング(尾道ラーメンと掛けたダジャレ)

塩っ気の強い味噌味のスープは安売りのインスタントラーメン
特にダイエーブランドの68円ラーメンを彷彿とさせる味

麺は味も新鮮味もなく学生食堂を思い出させる感じで
具材も味付けのないワカメとモヤシという簡素っぷり

こう書くと評価が悪いみたいだけど、この値段ならむしろ
良くできてるんじゃないかと思う
かつて一世を風靡したビックリラーメンの半額近くで
ラーメンが提供できるってのは凄いことだと思います
少なくとも自分が学生だったらこっちを選ぶでしょう

グルメ@今日のラーメニング 天下一品 堅田店の辛コクラーメン

グルメ@今日のラーメニング 天下一品 堅田店の辛コクラーメン
グルメ@今日のラーメニング 天下一品 堅田店の辛コクラーメン
小松帰り晩飯を食べそこねたら滋賀で空腹に耐えかねて
天下一品のお膝元(笑)の堅田でようやくのラーメニング

せっかくなので限定の辛コクラーメンにしてみたけれど
深夜なのに限定メニューがまだやってる意味を考えれば
どういうものか想像すべきだったというか…

コクと言っても天下一品のコッテリスープがベースだから
要するにカプサイシンたっぷりのコッテリラーメンでした

少しは味を変えてある気もするとはいえ辛子パウダーで
ありきたりな辛いラーメンに思えました

天下一品のスープに慣れてなければ辛いのにコッテリしてる
という解釈も出来るんじゃないだろうか

辛さが選べるので辛さが売りのラーメン好きには良いかも知れない

グルメ@今日のラーメニング ラーメン「世界」小松店

グルメ@今日のラーメニング ラーメン「世界」小松店
グルメ@今日のラーメニング ラーメン「世界」小松店
グルメ@今日のラーメニング ラーメン「世界」小松店
小松の来来亭の帰りに見掛けた看板が
インパクトがあったので翌日に行ってみた

どういうラーメン屋か全く書いてないので
今風の豚骨や二郎系かも、と期待したけれど
結論から先に言うと古典的な豚骨でした

ほどほどに美味しいとは言え目新しさもなく
自分で何か調味料を足していくのかと思って
テーブルに置いてある調味料を色々試してみた

お土産にもオススメされてる特製ラー油は
最近メジャーな旨辛タイプとは言え極普通
コショウや薬味も何の特徴もなかったのだけど
刻みニンニクは何かに浸けて味付けしてるのか
スープに混ぜた途端にスープ全体の味が広がり
単なるスタミナ増強のニンニクではないことを
はっきりと感じました

見所はそれくらいでチャーハンも無難な味付け

後から知ったけれど北陸のチェーン店らしく
福井辺りでも国道8号線を走っているだけで
けっこう頻繁に見掛けました

富山ブラックみたいなガツンとしたラーメンの
対極として古典的な味も求められてるのかも?

グルメ@今日のラーメニング 大阪 四ツ橋の麺や「拓」

グルメ@今日のラーメニング 大阪 四ツ橋の麺や「拓」
グルメ@今日のラーメニング 大阪 四ツ橋の麺や「拓」
四ツ橋から少し歩いたところにありながら
平日昼間にも関わらず常に行列が出来ていました

メインとなる魚系豚骨スープは魚系スープに
比べて臭みが少なく豚骨っぽさもほどほどに
合わさった独特の味わいでした

写真@小林哲朗写真展≪ sentimentoi et moi ≫に行ってみた

写真@小林哲朗写真展≪ sentimentoi et moi ≫に行ってみた
コバテックさんと呼んだ方が通りが良いほど関西では有名な方ですが

>現日本国内の廃墟/コンビナート/工場マニアの先駆者

というキャッチコピーが、小林つながりをネタに使ったユーモアなのか
ちょっと気になったのもあって中崎町まで見に行って見ました

中崎町には古民家を再利用したステキなカフェが多く並んでいて
会場もそんな古民家の2階にあって窓から見える雰囲気はステキでした

展示してある写真は数は多くはないものの厳選された写真揃いのようで
大きく引き延ばされて迫力は写真集の比ではありません

テーブルには過去の写真集やポストカードなどもたくさん置いてあり
しばし現実から離れられることが出来ます

個人的には会場に常設してあるという普段の展示も気になりましたが
それはまた別のお話

グルメ@今日のラーメニング 「山岡屋」2杯目

グルメ@今日のラーメニング 「山岡屋」2杯目
グルメ@今日のラーメニング 「山岡屋」2杯目
グルメ@今日のラーメニング 「山岡屋」2杯目
先日の肩透かしの確認もあって改めて「山岡屋」に行ってみました

すると店の着いた瞬間から敷地に漂う山岡屋の独特のあの匂い!
これや!この匂いを待っとったんや、と鼻につく匂いを懐かしみながら
今度は特製味噌ラーメンにしてみた

久しぶりの特製味噌の味は懐かしくもあり美味しいんだけど
なんかこうジャンクさがないというか不健康な感じが物足りない
変な例えになるけど、映画版のジャイアンみたいな物足りない感じ

一段落するまでは地道に様子見していこうかな

グルメ@今日のラーメニング 「山岡屋」ついに関西上陸

グルメ@今日のラーメニング 「山岡屋」ついに関西上陸
グルメ@今日のラーメニング 「山岡屋」ついに関西上陸
北海道の人にとってのソウルフード「山岡屋」がついに関西に上陸しました

首都圏、東海ではとっくに進出してましたが「天下一品」を擁する関西には
さすがに勝機を感じなかったのか鈴鹿山脈を前にして勢力を失っていましたが
満を持してか最近ラーメン屋の進出の激しい175Rと国道2号線の交差点に
ついに堂々のオープンとなりました(岸和田にもオープンするらしい)

北海道では、夜中に旨いもの食べに行こうと誘われたら手稲の山岡屋だったり
狸小路のコンビニに食べ物を買いに行ったら向かいの山岡屋の強烈な匂いに
食欲を失って何も買わずに帰る、というくらい愛されてるラーメン屋店です

というわけで懐かしさもありつつ久しぶりの山岡屋だったわけですが
メニューには塩と醤油と味噌(味噌は特製味噌や辛味噌も選べます)だけで
いつものストマックファッカーなメニューが1つも見当たりませんでした
取りあえず塩味にしてみたものの美味しいのは美味しいけど普通というか
俺の期待は完全に肩透かしな出オチになってしまったようです

普段は山岡屋愛好家を道民に「天下一品の出来損ない」とか「味覚障害」とか
罵詈雑言を浴びせても、いざ食べられないと恋しさが(笑)…という訳もなく
175R沿いに数分歩けば、天下一品にポッポ屋にずんどう屋があって
さらに行くと来来亭に2国ラーメンに八角ラーメンという播州で人気の店が
勢ぞろいというコッテリラーメンには事欠かないエリアなので
むしろココでコッテリ系で勝負を仕掛けるのは得策ではないかも知れない

やはり北海道のラーメンはコーンバターのたっぷり入った味噌ラーメンですね
と、本州の人間にありがちな北海道への先入観をネタにしつつ翌日に続く…

グルメ@今日のラーメニング 「ずんどう屋」玉津店

グルメ@今日のラーメニング 「ずんどう屋」玉津店

こないだ玉津に出来たばかりの「ずんどう屋」に行って見ました

姫路の方に行けばよく見掛けるラーメンチェーン店ですが
どうやら今年になって大阪と神戸にも進出してきたようで
大阪は心斎橋、神戸は玉津…ってほぼ明石なんだけど
そんな感じで玉津の175R沿いで新幹線との交差点すぐの
古本市場の敷地内に出来ました

博多ラーメンの豚骨とは違って独特のこってりな味ながら
後味が割りとさっぱりしてオススメのラーメニングですが
これ、どういう味か説明するのが難しい

鳥ガラスープを煮詰めた天下一品の豚骨バージョンというか
煮詰めた割りにザラザラ感もないので食べやすく飲みやすい
なのでコッテリながらのあっさりさ、と言う感じなんだけど

とりあえず、まずは食べに行って見るのをオススメします

グルメ@今日のラーメニング 三ノ宮 加納町の「マッチョ」

グルメ@今日のラーメニング 三ノ宮 加納町の「マッチョ」
グルメ@今日のラーメニング 三ノ宮 加納町の「マッチョ」
三宮から北野に向かって加納町の交差点の少し西に
二郎系ラーメン「マッチョ」が出来たらしい

ということで開店前に行ったらすでに行列が
出来てる盛況っぷり!二郎系はこうでなくちゃ?

運良くファーストロットにありつけたものの…

あ、ちなみに二郎系のラーメニングなので
専門用語の解説は無しで進めていきますので
解らない人は行かない方が良いと思って下さい

写真はヤサイマシ背脂抜きニンニクのヘタレ仕様
麺は太さは二郎なみにうどんと同レベルですが
コシの強さが東京の二郎に比べて強い気がする

加えて言うとダシの染み具合が浅く感じられる
東京の二郎と比べるとスープの味付けが違って
醤油や塩味が強くない関西風の味付けなのが
根本的な違いにあるからだろうと思います

二郎を関西風に抑えた感じで「神起」と比べると
「マッチョ」の方が二郎に近いんだけど
全体的なバランスで見ると「神起」の方が
関西風の味としてバランスが良い気がする

この辺はオリジナル重視かインスパイアありかで
意見が分かれるというか気分に応じてどちらも
楽しめるという意味では非常に嬉しい選択肢です

これが「神戸ちぇりー亭」だとインスパイア系だし
ヤサイマシが別料金なので立地の悪さも含めて
神戸市街での選択肢に入らないのが残念なところ
※補足しておくとスープのアレンジとしては
良く出来てると思うけどヤサイマシが前提だと
割高感が強いというかとにかく場所が悪い(笑

鉄道@本家ドイツの"歌うインバータ"と"三弦橋"

歌う電車とかドレミファインバータといえば京急が有名ですが

あの音を奏でているGTO式PWM制御(VVVFインバータ)は
ドイツのシーメンス製で、ドイツ本国でのドレミファっぷりは
さすがとしか言いようがありません

機関車は電車より高出力でうるさくても問題ないのでしょう

(腕木式信号機や古いプレートガーダーの跨線橋も気になる)

GTO式インバータはさらに高性能なIGBT式に変わりつつあり
じょじょに消えつつあるのですが、むしろ日本らしさを強調して
和風なVVVFインバータも作られているようです(笑)

ちなみに欧米では普及しているターボトレインですが
愉快なCMでおなじみの英国のターボジーゼル機関車は
なかなか壮絶な音です

(愉快なCMはこちら)


日本にもかつて、キハ181という頭のおかしい(誉め言葉)
ジーゼル列車が居たのですが、あまりの故障の多さに
矯正されてしまったようです
http://kiha181.com/kuranaka.mp3

参照:「極限の気動車181系 衝撃のターボサウンド」の
「通過音」の「倉敷駅構外」

さて、話しは三弦橋へと変わりまして

夕張には世界最大の三弦トラス橋の廃線があります

(ちなみにこの動画は私は一切関知しておりません)

最大と言うか世界唯一じゃないかというのはさておき
この三弦トラス橋の元になった橋がドイツにあります

ドイツの鉄ちゃんには有名な撮影ポイントらしいですが
車両重視で肝心の三弦トラス橋が遠くに映ってるのは
ご愛嬌というか自分の眼で見ろってことなんでしょうか

ちなみに、日本には確認した限り8つの三弦橋があります
・夕張森林鉄道(北海道夕張市)
・日高大橋(北海道沙流郡)
・牧尾ダム取水塔点検道(長野県木曽郡)
・八汐ダム湖林道(栃木県日光市)
・あやとり橋(石川県加賀市)
・付知町道(岐阜県中津川市)
・近江富士2号橋(滋賀県野洲市) 
・三ツ石橋(高知県土佐郡)

三弦橋の写真集「三弦橋マニアクス」はジュンク堂新宿店の
「ふるさとの棚」コーナーにも展示販売してますのでどうぞ!
Ttb2


鉄道と音、ということで定番のコチラで締め括りたいと思います


特殊同人「電幻開発」は皆さまからのネタ提供でお送りしています

メイド@神戸に新しくオープンするメイド喫茶「ステラ☆パルフェ」のプレオープンに行ってきた

メイド@神戸に新しくオープンするメイド喫茶「ステラ☆パルフェ」のプレオープンに行ってきた
関西のメイド喫茶の原点ながら久しくメイド喫茶過疎地域だった神戸に
再びメイド喫茶オープンの話題が上がってから早1年となりましたが
ついに今月末10月29日に元町の高架下(モトコー)にオープンとなります

そのプレオープンがあったので仕事の合間を縫って見に行ってきました

モトコーは神戸のオタク層の中でもかなりカオスな層には有名ですが
大阪のでんでんタウンでいうところの五階百貨店みたいな位置付けで
オタ店がセンタープラザに一極集中する以前は定番のオタクの聖地でした
※センタープラザ西館(アニメイトやCD屋)→三宮商店街(まんがくらぶ)
→モトコー(古本屋、電器屋、ミリタリーショップ)→メトロ神戸

その中でもモトコー3番はアニメ・マンガの他にもミリタリーや特撮、
古いおもちゃなども扱っていた最も濃いエリアだったと記憶しています


さて、前置きが長くなりましたがそのモトコー3番に出来たお店は
ちょうど開催している神戸ビエンナーレなどの会場とも目と鼻の先で
地域との一体化も考えられてか高架下の通路に対しオープンな造りです

この辺りは暫定の部分もあるようで、オープンな1階席に対して
2階席をどのように活用していくのかは今後の課題のようでした

プレオープン中は4席での営業ながらメイドさんは5人も居たそうですが
満席続きでようやく入店できた時にはメイドさん1人になっていましたが
中の人はメイド喫茶に関する知識も豊富でメイド慣れした感じでした

店の人とも意見交換させて頂きましたが、モトコーという立地も含めて
単純にアニメやマンガオタクに特化するよりも幅広いオタク層に加えて
地域造りという意味でもモトコーの周辺の人たちにも楽しめるような
広くて深い客層が期待できるのではないか、と感じました

久しぶりに地元にメイド喫茶が出来ることで全国メイド喫茶巡りの旅も
ようやく一段落できるかもしれません(んなワケないか)

グルメ@今日の未成ラーメニング 明石の国道2号線「山岡屋」は19日の11時オープンで26時まで営業らしい

グルメ@今日の未成ラーメニング 明石の国道2号線「山岡屋」は19日の11時オープンで26時まで営業らしい
グルメ@今日の未成ラーメニング 明石の国道2号線「山岡屋」は19日の11時オープンで26時まで営業らしい
グルメ@今日の未成ラーメニング 明石の国道2号線「山岡屋」は19日の11時オープンで26時まで営業らしい

グルメ@今日のラーメニング 三宮の宮本武蔵で真武蔵ラーメン

グルメ@今日のラーメニング 三宮の宮本武蔵で真武蔵ラーメン
三宮の加納町の交差点にラーメン屋が出来たと聞いて行ってみた

スープはうまくち醤油とこくまろ醤油の2つが売りらしく
名前の通り旨みのある醤油味のスープはバランスも良くて
麺との相性も良く出来ていて誰が食べても美味しいと言えそう

ガツンと行きたい人にはやや物足りないかもしれないけど
口の中にジワジワ広がるうまくち醤油はなかなか良いものです

羽幌町人口水増し事件

リンク: 羽幌町人口水増し事件.

詳しく語られることのなかった羽幌の人口水増し事件が
前後の状況も含めてついにまとめられました

グルメ@西明石のインドカレー屋「アナンダ」のチーズナン

グルメ@西明石のインドカレー屋「アナンダ」のチーズナン
本格的なカレーとナンが焼きたての西明石のアナンダで
その中でも超オススメだったチーズナンですが
9月のキャンペーンでチーズが少なくなってしまい
キャンペーン後も少ないままになってしまいました

今でも充分に美味しいのですが以前のチーズナンは
まるでタブルチーズピザのようにふんだんにチーズが
入っていたのでちょっと物足りない感じに思えてしまう

橋のいろいろ

リンク: Opaku's Train Kit : A02SL-Expert with Special Functions (Frame).

グルメ@今日のラーメニング 宇治「まるちゅう」のチャーシューメン

グルメ@今日のラーメニング 宇治「まるちゅう」のチャーシューメン
グルメ@今日のラーメニング 宇治「まるちゅう」のチャーシューメン
店の看板に思いきり黒丸ラーメンが名物と書いてあるのを
全力でスルーして地元の友人のオススメはチャーシューメン

チャーシューはまさしく舌の上でとろける柔らかさなのに
口に運ぶまではしっかりと形を保っている絶妙な食べ応え
おまけにシナチクも2口サイズくらいでボリューム満点

しかし一番驚かされたのはスープの絶妙な味付け!

麺を食べている時は全く違和感を感じなかったのだけど
ベースとなったスープや調味料、脂の味同士に境目がない

どこまでがダシでどこまでが調味料でどれが背脂の味なのか
まったく味分けがつかないほどスープの味が一体化してる

脂だけを食べてもダシの味もして、スープだけ飲んでも
背脂の旨味がする、しかもどれが調味料の味か分からない

よほどの濃厚スープならともかく普通のラーメンのスープで
こんなに一体化したスープはなかなか無いんじゃなかろうか


ちなみに黒丸だけでなく豚骨もオススメらしいのだけど
レモンラーメンは食べ方を知らないとガッカリになるらしい

場所は国道24号線のドンキホーテからJR宇治駅に向かって
ドンキと近鉄の踏切の中間くらいの坂の右手にあります
道は狭いけど駐車場もあるのが助かるところ

グルメ@新しいラーメニングスポット情報「虎と龍」長田店 「ずんどう屋」玉津店 「山岡屋」明石店

グルメ@新しいラーメニングスポット情報「虎と龍」長田店 「ずんどう屋」玉津店 「山岡屋」明石店
グルメ@新しいラーメニングスポット情報「虎と龍」長田店 「ずんどう屋」玉津店 「山岡屋」明石店
グルメ@新しいラーメニングスポット情報「虎と龍」長田店 「ずんどう屋」玉津店 「山岡屋」明石店
博多・久留米ラーメンが売りの「虎と龍」が長田駅の南の
国道2号線の尻池交差点との間くらいに出来てました
以前にあったラーメン2国の1つ北の筋になります

関西風の博多ラーメンではなく本格的なトンコツですが
物足りない人にはさらに上の久留米ラーメンも楽しめます

玉津の「ずんどう屋」は姫路が中心の播州のチェーン店で
独特のこってりしたスープが楽しめます(割りと一般向け)
場所は175Rと旧神明の交差点から信号1つ南にある
新幹線の高架沿いの古本市場と同じ敷地になります

明石に建設中の「山岡屋」は北海道では有名なコッテリな
ラーメンチェーン店ですが、関西には「天下一品」という
全国レベルのコッテリラーメンのお膝元なのもあってか
長らく亀岡の関所までで留まりだったのが明石と岸和田に
ついに乗り込んできたようです
明石店は国道2号線と175Rの交差点の吉野家の隣という
なかなか挑戦的な立地で、175Rの最近のラーメン屋の
開店ラッシュと含めて目が離せません

淡路島農民車考

リンク: 淡路島農民車考.

>淡路島でも特異な存在である車・『農民車』を写真で紹介していくページ

グルメ@ラーメニング情報 ついに山岡屋が関西圏に!

グルメ@ラーメニング情報 ついに山岡屋が関西圏に!
天下一品の店舗のない北海道民にとってのソウルフードとして(一部で)有名な
あの山岡屋がいつの間にか関西圏にも進出してきたようです

関東ではすっかり珍しくなかったものの関西圏は亀山あたりで天下一品圏内との
静かな攻防を繰り広げてたのが(憶測)175Rと2号線という幹線の交差点かつ
ラーメン屋激増エリアに乗り込むというのは挑戦的かつ効果的な戦略にも思える

気軽に山岡屋に行けると思うと胸熱、というか狸小路店の匂いを思い出して胸焼け(笑)

グルメ@今日のラーメニング すすきの「味の蔵」の極醤油ラーメン

グルメ@今日のラーメニング すすきの「味の蔵」の極醤油ラーメン
徹夜明けのエクストリーム出勤前に駅まで歩いていたら
明け方でも営業していたので軽くラーメニングしてみた

超濃厚という触れ込みだけど実際には味が濃いめなだけで
スープのベースもそれほど煮詰めてる感じもない
脂っこさも濃厚というほどじゃないのでどちらかというと
一般向けの味付けのラーメンなのかもしれない
すすきので朝までやってる店ということを考えると
キャッチコピーと味の方向性にも納得が行きそうだ


すすきのや狸小路の山岡屋が閉まった後の時間帯だし

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »