« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

グルメ@今日のラーメニング 一善 あさりとんしおラーメン

グルメ@今日のラーメニング 一善 あさりとんしおラーメン
以前に道北の廃クラスタで話題になっていた「一善」に行ってみた
色々と名物ラーメンがある中で"あさりとんしおラーメン"を選んでみた

塩ラーメンがベースになってうるのかトンコツっぽさはそれほどないものの
単なる塩ラーメンにはないまろやかなスープの舌触りとアサリのサッパリ感は
飽きの来ない感じのラーメンでした

グルメ@美幸線名物の白いスープラーメンこと、歌登グリーンパークの「白コクミルクラーメン」

グルメ@美幸線名物の白いスープラーメンこと、歌登グリーンパークの「白コクミルクラーメン」
未成線調査のマストアイテムとし有名な歌登グリーンパークのレストランの
「白コクミルクラーメン」は、苫前の道の駅の「白いスープうどん」と並んで
美幸線探索の際に食べて帰る人が多いことで一部に有名な名物料理であります
(名羽線と苫前は1駅離れてるけど)

独特のミルクスープはクリーミーながらラーメンとしての塩味も効いており
廃線跡を探して一日中探し続けて疲れ果てた体に染み渡って行くと同時に
せっかく消費したカロリーも補ってくれるのでありました(笑)

グルメ@本日の蕎麦紀行 幕別産

グルメ@本日の蕎麦紀行 幕別産
グルメ@本日の蕎麦紀行 幕別産
1年ぶりくらいかもしれない久しぶりの蕎麦紀行は幕別産でした

蕎麦粉っぽさが少なく中性的な感じの味で食感もあっさりした感じ
もしかすると10割蕎麦だったら全然雰囲気が違うかも知れません

@団地写真追加

@団地写真追加
@団地写真追加

建築@シンメトリーのようでシンメトリーではないこのデザインって規格品の団地なのかな

建築@シンメトリーのようでシンメトリーではないこのデザインって規格品の団地なのかな
建築@シンメトリーのようでシンメトリーではないこのデザインって規格品の団地なのかな

ネット@「スマホが増えるよ!やったねタエちゃん!」

ネット@「スマホが増えるよ!やったねタエちゃん!」
もう何がなにやら…
サムスンのタブレットは独自の電源端子で面倒だ
しかしこれがapple製品だと許される不思議!

順不問で
・W-ZERO3 WS003SH(SHARP)Windowsmobile5.0 3.7インチモニタ

・Advanced/W-ZERO3[es] WS011SH(SHARP)Windowsmobile6.0 3.0インチモニタ

・WILLCOM03 WS020SH(SHARP)Windowsmobile6.1 3.0インチモニタ

・IS01 SHI01(SHARP)Android1.6 5.0インチモニタ

・ISW11HT HTI11(HTC)Android2.2 4.3インチモニタ

・SMT-i9100(SAMSUNG)Android2.2 7.0インチモニタ

・iPad2(apple)iOS4.3.3 9.7インチモニタ

神戸製鋼所加古川製鉄所専用線(未成線)|廃鉄の処女

リンク: 神戸製鋼所加古川製鉄所専用線(未成線)|廃鉄の処女.

「露頭炭鉱と炭鉱遺産」見学 2011年10月22日

リンク: 炭鉱ナビ(やまなび)炭鉱の文化を守ろう!.

>*露頭炭鉱、三笠奔別立坑、赤平立坑では現地説明員が案内します。

未成道@きまぐれ未完道路 国道2号線神戸西バイパス濾谷ジャンクション

未成道@きまぐれ未完道路 国道2号線神戸西バイパス濾谷ジャンクション
未成道@きまぐれ未完道路 国道2号線神戸西バイパス濾谷ジャンクション
未成道@きまぐれ未完道路 国道2号線神戸西バイパス濾谷ジャンクション
未成道@きまぐれ未完道路 国道2号線神戸西バイパス濾谷ジャンクション
未成道@きまぐれ未完道路 国道2号線神戸西バイパス濾谷ジャンクション
国道2号線のバイパス扱いの第二神明の旧道である旧神明をバイパスする感じで建設中の
国道2号線神戸西バイパス(分かりにくい説明だな)の建設が着々と進んでいて良い感じ

ちょうど西神中央の外周道路の取り付け工事をやってるけど、個人的にはこれくらいに
真新しい土木構造物に錆が浮いてるくらいが未成道っぽくて好みだったりする

未成道@未成橋脚ファンクラブ通信 9月号

未成道@未成橋脚ファンクラブ通信 9月号
未成道@未成橋脚ファンクラブ通信 9月号
未成道@未成橋脚ファンクラブ通信 9月号
国道2号線の神戸西バイパスに建設中の未成ジャンクションにて

メイド@未成メイド喫茶を歩く 元町(神戸) ステラ☆パルフェ

メイド@未成メイド喫茶を歩く 元町(神戸) ステラ☆パルフェ
メイド@未成メイド喫茶を歩く 元町(神戸) ステラ☆パルフェ
メイド@未成メイド喫茶を歩く 元町(神戸) ステラ☆パルフェ
関西のメイド喫茶の先駆けでありながら、この数年ほどメイド空白都市だった神戸にもついにメイド喫茶が復活します

昨年からメイド喫茶オープンの情報は流れていたものの色々とオトナの事情があったみたいですが
ついにいよいよテナントが決定したと言う公式アナウンスを見て用事のついでに見に行ってみました

場所は元町高架下3番という三宮と神戸の間のガード下商店街ですが、この界隈はオタク向けの店が震災前から多く
古いアニメ雑誌やジャンクな電子機器など、ポンバシでいう五階百貨店・アキバでいうラジオ会館のような位置付けです
(余談ですか、もっこす・一花などラーメニングスポットとしてもお馴染みのエリアです)

モトコー(元町高架下商店街のニックネーム)3番のちょうど真ん中辺りに店のWebサイトにあったものと同じポスターが
貼られたテナントは、シャッターこそ閉まっていますが久しぶりの神戸のメイド喫茶の息吹きを感じには充分でした

KANONや猫王様があったころとはメイド喫茶を取り巻く環境は変わってしまってはいるものの
メイド喫茶の根底となる接客の本質は今もなお健在だと思えるようなお店になることを期待せずにはおれません

P.S.
先日の釧路のメイド喫茶閉店と来月の帯広のメイド喫茶閉店をうけ、「メイド喫茶跡を歩く」Vol.3計画を始動します
今でも蘇るメイド喫茶の思い出や後生に伝えておきたいメイド喫茶がある人からの連絡をお待ちしております

バイク@原付2種バイク WAVE125iのレポート

バイク@原付2種バイク WAVE125iのレポート
TS125Rが事故で使えなくなった上にZZR600は部品欠品だらけで瀕死で足代わりになる原付を探してましたが
けっきょくスクーターでもオフロードでもなく、スーパーカブ系のWAVE125iに落ち着きました

現行のオフロードバイクはパワーが無くて普通に走るのも一苦労な車種か、パワーはあるけど50万円近い輸入車か
20年落ちで部品がない国産中古車くらいしかなくてTS125Rからの乗り換えには妥協点が見いだせず
スクーターにしても加速のアドレスV125、最高速のシグナスX、デザインのPCXのどれも決め手に欠ける状態でした
となると最後の決め手は燃費になるのですが、このWAVE125iはスーパーカブ系の最高峰とも言える存在でして
スーパーカブ系で最大の125ccにスクーターのようなデザインとシート下収納(ヘルメットは入らない)で
ただでさえタフで低燃費なカブのエンジンを電子制御でさらにパワーアップしたような代物です
おまけにタイヤなどはカブと共通なので、維持費も安くて旅先での修理も安心という至れり尽くせり

で、このWAVE125iを乗り回してるのですが、なんと言っても便利なのがスーパーカブ譲りのセミオートマ
正確にはロータリー変速と言うのだけれども、クラッチ要らずの楽々操作で左手は常にヒマな上に停車中は
トップギアからニュートラル、そしてそこから再び1速に入るのでペダルの踏み換えも要りません
速度が落ちれば勝手にクラッチが切れるてエンストしない上にシフトダウンしたければ踵で踏むだけの楽チンさ

おまけにトルクがあるので高回転でシフトチェンジする必要もなく、それこそ新聞や郵便配達のように
お気楽極楽に乗っていれば良くて、スクーターの無段変速みたいに勝手に速度が変わることもない上に
トップギアでも普通の坂道はグイグイと登っていけるというウソみたいなホントの話し

加速の方は、いつ使うか分からない1速はさておき(二人乗り用?)スタート直後は50ccスクーター並みですが
3速ではアドレスV125を追い上げれるほどの加速、4速になると加速は鈍るものの法廷速度外へまっしぐら
私有地で試した感じでは最高速はメーター読みで110キロ 巡航も80キロオーバーでも余裕です
ただしエンジンが燃費重視のためか80キロを越すと一気に賑やかなにる上に吹け上がりも悪くなります

最大の魅力の燃費ですが、最高速アタックや深夜の43号線バイパスでビグスクを追い回した結果が51km/L
市街地で普段のペースで街乗りしまくって60km/L、こりゃロングツーリングに行ったら70km/Lも見えてくるね

とは言え、こいつのタンクは3.8Lなのでどっちみち200キロくらいで給油が必要になるのがウィークポイント
シート下収納に3Lくらいのガソリン携行管を入れておくとちょうど良いのだけれど形が合うものがないので
クルマ用品ではなくキャンプ用品で探した方が良いのが見つかるかもしれない
どのみちメットインがないのでリアケースを付けてヘルメットや雨具などを入れた方が良さそうだ

ちなみにコイツの最大の弱点は、タイのホンダから輸入してるので専用部品を扱ってる店が少ない上に
取り寄せに1ヶ月かかる、ということなのでなるべくスーパーカブと共通の部品で治したりするそうな

それでもなお、人並みの速度で走れて国産並みの価格で買えて耐久性もそれなりに安心できるとなると
これ以外に選択肢はないのではないかと思えるほどすっかり馴染んでいます
というか似たようなバイク構成の友人も言うように、重いバイクで街乗りする気が全くなくなります
10馬力で100kgと100馬力で200kgとがこんなに別の乗り物だったとは、お釈迦様でも気が付くめぇ

書籍@B級サブカル本の宝庫 ジュンク堂新宿店に行ってきた

書籍@B級サブカル本の宝庫 ジュンク堂新宿店に行ってきた
mixiやツイッターで良く知った人たちの本やグッズがたくさん並んでたので
せっかくだから最近発行されたばかりの八画文化会館を買ってみたりとか…
直販だと特典付きらしいのだけど振込み手数料がハンパじゃないもので(苦笑

鉄道@「鉄道未完成路線を往く」を読んで

鉄道@「鉄道未完成路線を往く」を読んで
未成線の本が出版されるのは恐らく10年ぶりくらいだろうか(妄想小説を除く)
10年前に森口氏によって一躍表舞台に登ったジャンルだったはずなのだけれども
その後は五新線が映画になったくらいでメディアで取り上げられ無かった気がする
著者ご本人からの指摘で、映画は1997年、出版は2001年でした 勘違い申し訳ありません

この本はそれを踏まえてか、成田新幹線を筆頭に未成新幹線に関する徹底的な調査で
貴重な資料を基に京葉線との関係性を解明するだけでなく、在来線や私鉄についても
拡幅や短絡線、都市計画に関する路線など森口氏が同人誌の範疇に留めていた物件も
いくつか登場するなど、非常に読み応えのある路線が盛りだくさんなのたが…

その反面、何のために紹介してたのか分からない簡単な解説だけの路線も散見される
「鉄道未成線を歩く」が出版されてからの10年間で変化のなかった路線については
同じ記述になるのを避けるためか見開き2ページ程度の淡白な内容に留まっている

自分のメインコンテンツである名羽線がまさにソレで、鉄道建設公団の作った未成線の
象徴とも言える路線が「鉄道未成線を歩く」を要約したような内容で2ページである
無理に名羽線を紹介するよりは美幸線とセット、もしくは美幸線だけを紹介した方が
よっほど分かりやすくてウケが良いと思うのは未成線偏愛主義者ゆえの偏見だろうか

いずれにしても「鉄道未成線を歩く」の影響を強く受けながらも余りに偉大な前作を
越えられないジレンマは非常に理解出来るので未成新幹線などの濃密な記事だけでも
充分に価値のある本になっていると思われる
特に工事資料から実際の土木構造物を絞り込む過程はさながら推理小説のようである

これを機に再び未成線に関する調査や情報交換が活気づくことを期待するばかりである

グルメ@今日のラーメニング 坂内 和風冷やしラーメン

グルメ@今日のラーメニング 坂内 和風冷やしラーメン
グルメ@今日のラーメニング 坂内 和風冷やしラーメン
オープロ西田さんオススメの喜多方ラーメン坂内の和風冷やしラーメン

冷やしラーメンなのに食感や後味が普通のラーメンと変わらないという
味付けから食材選びまで非常に良く考えられたラーメンに加えて
別添えのチャーシューには独特の香ばしさと塩味が効いていて
おまけにラーメンには似つかわしくないワサビが付いてくる

冷やしラーメンに合わせた濃い目の味付けになっているチャーシューで
ワサビを包んで食べてみると…♪テーレッテレーッ♪うまいっ!o(^▽^)o

ラーメンのスープ自体も冷やしにも関わらず油っこさが残らないのに
チャーシューは脂身でどうしても回避できない脂っこい後味を
ワサビで消してしまうという寿司のテクニックを見事に流用した上に
チャーシュー自体もワサビに合わせて味付けされている見事なハーモニー

冷やしラーメンにもワサビにも合う上にワサビを付けてスープに浸けても
その全てで味が成立するというホントに見事な冷やしラーメンでした

東北では有名なチェーン店で味のバラつきも少ないらしいので
通りすがりに見つけたら見逃せないラーメニングスポットです!

寿都鉄道の廃線跡を歩く

リンク: 寿都鉄道の廃線跡を歩く.

DREAM BoX <横浜ドリームランドモノレールの思いで>

リンク: DREAM BoX <横浜ドリームランドモノレールの思いで>.

羽幌炭鉱鉄道廃止後の築別駅

リンク: 築別駅 を含む記事 : プラットホームの旅.

グランビー鉱車 3両セット (組み立てキット) (鉄道模型) 道楽ぼーず 組み立てキット Oナロー|1/48

リンク: グランビー鉱車 3両セット (組み立てキット) (鉄道模型) 道楽ぼーず 組み立てキット Oナロー|1/48.

DREAM BoX <横浜ドリームランドモノレールの思いで>

リンク: DREAM BoX <横浜ドリームランドモノレールの思いで>.

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »