« 2002年8月 | トップページ | 2002年10月 »

2002年9月

ネット運が不調:"12Mサービス提供エリアに入ったが常時接続先がPBXTP網"

しかし都内って言うのは意外に狭いもんで早い奴に付いて行くと結構スグです
さくさく撮って戻る予定がバカがウロウロして邪魔で仕方無い、同趣旨の模様
お陰で色々撮り逃しつつ帰路は日没に。あわよくば岬口まで行くつもりが夜の池袋に
客引きも多いし、しばし止んだ間に都電を見に行ったりするが大きく動けず翌日に期待して早寝
で、やっぱ朝から雨。朝早くに駅前うろついてると労務者に声掛けられるし、その足で散髪屋に

環状に比べ一号線は取り締まりでも警戒してるのかギリギリまで詰めないようですな

んなわけで遊園地で昨日仕入れたチケットを売り再入荷しに行くもこちらの不手際で失敗し二枚だけ
仕方無く駅前をぶらつき晩飯やソレゲな本屋に行くうちに夜。土曜の夜だけあってかなりの賑わいで寝不足
起きて見たらまだ時間あるので港に信号機を撮りに。都内の道もコツがわかれば意外に解り易い、と帰りに地名を勘違いし奔走
またも遊園地へ小銭稼ぎに。地元と勝手が違うがなんとか済ませて雨になる前にいざ大船へ

懐かしの名前:"パンゲアクラブ"

駅構内で朝飯や読書や絵を描いてても一向に止みそうに無く諦めて靴も防水し出発
東京に近づくと小雨になり環七は路面もドライ。辺りの二輪を適当に追う内にバイク便のCB750発見
問答無用で仕掛けるが読まれてかわされる。交通量が多く互いにぬわわkmが限界
埓が開かず側溝から一気に引き離し追いつくのを待って先行させるまた追う
結果は引分けだが相手は仕事用のマージン残してた感じなのでやや分が悪いかな?

今日のゴールデンタイム:"続 何匹か切る?"

駅に着いたが妙に閑散。タクの運ちゃんが勝田の冴なさを熱弁したりパチンコで散財したオヤジが始発待ちしてたり。
勝田ダッシュは旧駅舎の頃しか見てないらしいがわざわさ見に来る物好きは初めて見たそうな
三回目です、とはよう言えません。その内に最終が到着。花金のせいか結構な人だが走る人は無し
予想してたけど以前よりも期待外れ。始発待ちのオヤジと話し込んでるうちに始発。仮眠するが凄い大雨

池袋の次が浜松町とは変な組合せですな

この塔は昔CLAMPファンがXを真似て死んでしまった悲劇的伝説があるね
以来ここから落ちた者皆死んでしまう呪いの電波塔になてしまたあるよ
ここから飛べば式神使いの気分になれるが怪我をする諸刃の剣、素人にはお勧め出来ない
そんなんで夜景の360度撮影に挑戦してみたり観光気分。荷物とバイクを取りに戻るが二度も道に迷い23時になる
金曜の晩だし最後の機会で終電を見に、練馬ー勝田で一時間四十分達成

サラリーマンとなるとみんな同じような目になってしまうのですかな?

大学時代の友人に会い、泊めて貰う。以前、書いた簡易帯域制限器はさらに簡素化できそうな話に
朝、出勤に合わせ出発。途中で別れ通勤列車巡りをするが期待した程は混んでない
入場券以外も改札時間制限があり、駅構内で飯や立読みしてたら引掛かる。変な仕組みだ
池袋を散策してたら夕方になったので再び通勤地獄を確かめに。埼京、中央快速、山手に乗るが期待外れ
京葉は諦め浜松町へ。都内フリーを買えば良かったと後悔

狂気にしか思えない極限状態で繰り広げられる異様なほど冷静な判断

信号で並ぶと向こうが話掛けて来た
"速いね、どこの人?"
>神戸
"その旗、北海道の?"
>そう、帰る途中
"俺、コレが仕事なんだけどね"
>俺も地元では自信あるツモリやで
見るからに手の入った愛車の彼はバトルには勝ったのに悲しそうにこちらのバイクを眺めていた
仕事とは別のマシンを駆るバイク便の兄ちゃんはそのすぐ後、路地へ入って行き
残った俺は近くの原付に話掛けた
>目白通りはどこでしょう?

本気で早さを望むなら東京に出なければならないのかも知れない

車線間では車体の反応速度からぬふわkmが限界なので先行するが前方に原付。ギアを落としながら車間に滑り込む
車線間に出ようと思うが相手が来る気配を感じる。確認しようとするのを体が拒絶した瞬間、全開状態の四発の音
視線を動かすだけで接触する間合いを緑色の車体が抜けて行く。相手のテールに自分のミラーをかぶせるように追う
一度抜いたせいか一段とハイペースだが期待通りの腕なので車間無しで追走し続ける

そしてそれは姿を現した

普通車も結構な速度で流れてるし軽くかわしながら順調に進行。やがて視界に車線間を縫うように動く尾灯を確認
徐々に詰めて行くと焦る様子も無く次第にペースが上がる。乗ったな、と確信し一気に詰めると確かめるように加速
喜んで追うと一気にバトル、帰宅時間の環七をぬわわkm超えで追走。閉塞擦り抜け(一瞬しか通れない間合いの擦り抜け)に。
まだ詰められる感じがするので側溝の上をぬうわkmで抜け一気に前に出た

次に来る時にはもう、この店は無いんだな、と

大学時代の友人と会う事になり、道順を聞いて名残惜しみながら出発。一時間半掛かると聞き一時間を目指す
幹線国道なのに船橋から極めて狭い。擦り抜けしてる原付について行くとウィリーとジャックナイフ良くわからんが面白い人や
んな事してたら分岐を間違えて引き返す。道が広くなったので再びぬわわkm巡行、都内となると排気量に関係なく早い奴が多い
気を抜けばこちらか狩られる、その緊張感がたまらなく楽しい

何から何まで世話になりっ放しで

配達に出てた人がメンバの人から借りて来てくれて解決、頭が下がる思い。不可能では無いと言う整備性だがRRよりマシらしい
設計の都合で三番プラグだけ向きが揃えられず無念。両端のプラグ が白けてるので同調ずれてる模様。長期のニジミもあり帰ったら要OH
試走するとブレーキはビストンが慣染むまでしばらく掛かりそう、リアは当面アタリが出そうにないので丁度いい。その後、洗車したらやつれた感じが払拭

帰りもまたGSで整備

リアパッドは普通に交換出来たが前は難航。まだ整備性までは完成されてない設計やバブル時代の豪華な造りに時代を感じる
左前の2ポッドの片方が固着。このままなら帰りに確実に死んでた所。SST無しでなんとか戻し組付ける
三組替えてからまたバラしピストン磨き。何度か繰り返してなんとか動くようになり次はブラグ交換
タンク外そうと思ったが外したとしても手が入らない設計。聞けば車載の専用工具しか無理との事

なぜかEZWeb回線がつがりませんですた

また健康ランドに泊まる事にし近くの南海部品に寄るも閉店間際で価格調査のみで断念
バイクわ見て話掛けて来たライダーと意気投合しオゴリで健康ランドで酒盛り
あまりにいい話とノリに初めは心配したが建築関係の接待仕事の模様。夜中まで話込んでから風呂に
館内放送で気づいたら仮眠室で朝に。ぎりぎり朝風呂し"めしや"で時間調整。南海では部品が揃わないのでDSでパッド三つとブラグ四本仕入れて昨日のGSに

当時の一言:"気候的には東北やんか"

さすがに冷え込んだのでかなりしんどい。っわけで半島を回るつもりが半分位は行きに通ったのに気づき止め
二日ほど東進してばかりなので西進して神風な私鉄を撮り、また東に私鉄を撮りに
幹線道路を擦り抜けで一気に首都圏に行くも寸前で博物館に。シャクライっぷりを楽しんでから先月に世話になったGSに顔見せに
前回に"いつまで営業してるか"だったのが月一杯で閉店と聞いて嘆く。明日場所借りて整備できる事に

KONANバスで一句:"運転手はお前だ!"(マテ

と言う訳で今日は以前書いたキャラ列車に仲間入りした京阪のおじゃ魔女の話
お邪魔じょ#
電動機制御インバータが半音ずれ。魔法玉でなんとかして下さい
もーっとおじゃ魔女
交野線各駅停車が10両編成に。魔法玉でなんとかして下さい
おじゃ魔女どっかーん
特急が時速80km以下になると爆発。魔法玉でなんとかして下さい
決めぜりふはおんぷっちの"任務終了、鮨でも食い行っかー"
タイトルこれしか覚えてないし

ひふみといそじの選択ミスやその他も細々とありますが、温かい駅寝のはずが露天寝に

以後は見所も無く距離を消化するだけだが一向に距離が縮まらない
結局、平均時速50km。まだ感覚ずれたままの様子。特に何も無い駅だが寝易い造りで助かる
まず駅前で晩飯しながら明日の裁断するも無性に例の終電が見たくなり出発。小一時間の予想が
距離が五割増な上に旧街道な造りと悲惨。かなり飛ばすも寒さで意識朦朧になりつつ
一駅手前で貨物発見。退避してたと言う事はまさか?駅に着くと祭は終わった直後でした

せんだみつおの全員集合:"いい湯だな、ナハハーン"

平野部に出ると結構な交通量でバイクも普通に走ってて原付含む五台で超接近戦したり
すっかり平和ぼけしてるので体に思い出して貰う。んで駅前に
以前気になった洋菓子屋や久しぶりのさくら銀行やら寄る。年間通して俺が住める北限かも
古本市でゆうきまさみデビュー当時のアニメック別冊とか見つけたり。遊んでると数日要する街なので
通り雨だけはかわして昼過ぎに出発。私鉄に寄りつつ次の街へ行くと知らない別の私鉄が

今日の独言:"長居するとワルキューレの変身前後どちら派かの内乱に巻き込まれます"

駅構内のファミレスで粘ってから駅ビル改装工事の袋小路で設営。始発の音で目覚める
昨夜あれだけ居た浮浪者の姿が無い、さすが本職。ミスドで暖と糖分補給。六花亭以来、朝は甘い物に限る
何も無い街なので出発。近いし小一時間で着くと思ったらいきなり国道が高速道路に。バカなので旧道走破
後で地図見たら峠区間通行止めと。ガンマなら救済措置無しだったかも
岐阜とタメ張れるような険しい山岳狭路だが寒いけど爽快。

遊び運が上昇:月宮あゆのフィギアがたい焼きを撃てるようになります。スペア3ヶ付き

駅は遊びに出てきた風な若者で一杯。駅ビルのベンチは軒並、寝床に。俺も隅を確保して簡易ベッド製作
朝から寒い上に設計ミスで背中が痛い。まずは貨物線を見に若干戻ってから南下
すっかり距離感狂ってて難儀しつつも次の町へ。遅い昼飯で私鉄待ち。撮ったら即出発
名古屋ナンバと絡みつつ一気に南下してから山越え。覚悟してたがやはり雨で旧道は断念
日没前に駅前に着くも山合いと曇り空で諦め飯とフィルム買って駅寝

今日の一言:"だから、野川さくらじゃないってば"

北海道は氷点下の所も出たそうで間一髪逃げれたが札幌で防寒着を手離したので寒い
40度近い時に出たし夏服と防水の長袖では20度で寒く15度で震え出す。峠も考えると18度辺りが限界
先月ブレーキレバーが固着してたのは治ったが今度は内地に戻る際ブレーキペダルが固着する始末
油圧掛かったままで新品のリアパッドは残り無し。前も片方が無く前後共に使えなく
先日のガス漏れでプラグも限界来た様子で結構厳しい

今日の一言:"井川さくらの写真を撮り損ねますた"

曇りだが昨日の遅れを取戻しに出発。1都市1私鉄な感じで見に行き完成間近の新駅を撮影
何気に地図見て貨物線を発見し寄り道。有名なのか何度か鉄ちゃんに会う。駅も廃線も町並もいい感じなので時間を浪費
一目だけ湖を見て次の町に着くとかなり暗い。撮って即に出発
名物のアイスクリーム売りを発見。安くておいしくて多くし写真撮っとけばよかった
急ぎ半島に向かうも日没で断念。まぁいい夕焼けが撮れたし良しとします

今日の条例:"都内河川でのゴマちゃん以外の遊泳禁止に伴い横浜に疎開しますた"

幹線道路を探すが街の灯が絶望的に遠い。コンビニで場所を確認し体を温めて国道へ
GSも開いてないし近くで寝床を確保せねば、と思いつつ本屋で立読みして夜中に
近くの"めしや"で飯にして仮眠した後に宿探し。町並みが期待出来ないし木造の駅へ
待合室が開いてた上に自販機付と完璧。長いすも寝袋敷くのにいい感じ
始発に起こされるも客無し。荷物片付けてのんびりしてると通学が。日曜なのはさとおき女子中高生ばかり

今日のクイズ:"セシリアとセリシア、強いのはどっち?"

目覚めたら妙に気だるいので午前は捨てる。朝風呂に入ると異様にしんどくて倒れそうに。かなり消耗してるかも
港見てから市内散策して出発すると昼過ぎ。取り敢えず階段を見に行くも途中で寄り道してたら夕方に到着
慣れが抜けなくて平均速度を読み違えたのもあるけど道が険しいのが大きい。
週末のせいか久しぶりにライダーが多数。国道見終わったらすっかり日没。
っても中途半端な駅でどうして寝たものか

間違いやすい文例:"ゲーセンで湾岸ミッドナイトの後、本屋でX-DAY"

国道沿いなので簡単かと思いきや微妙に離れてて写真撮るには薮潜りする事に
一部の駅は丸ごと薮に飲まれてて半分位しか発見出来ず鉄橋も歩けない始末
終点に着いたら夕暮れ。昨日と同じ景色じゃねえか。いい構図を見つけるも見てる間に発車、次は40分後で断念
日も落ちたのでさっさと駅前に行くも判で押したような地方都市。宿だけ決めて洗濯ついでに市街散策
宿に戻ると溜った疲れで意識不明になりそのまま寝込んだ模様

今日のクイズ:"マニュアル車にもオートクルーズが装備出来た国産車を述べよ"

国道沿いで飯にして目をつけてたバス停に行くも先客が。チャリダーのたちの悪さに閉口し駅の細いベンチに
朝まで保線してるし姿勢も厳しいので朝一で出発。道の駅で朝飯食べたら疲れのせいか二度寝
温かくなり廃線を探しに行くが見つからないまま昼に。調べに寄った役場にも資料は無かったがネット機見つけグーグル。
ついでにサイトのメンテして大移動。50km程見当違いでした。午後から一気に回るはずがココで終わりそう

今日の一曲:"髪色の長いクリを皮が優しく包む"

のんびりしてると昼も近いので荷造りし直して出る。アーチ橋ばかり撮る内に日が傾いて来る始末。
有名な心霊スポットで写真を撮ってる合間にバイクが謎の転倒でガスがだだ漏れ。さすがに祟りっぼいし退散する
またもハズレなモスバーガでぐんにょり。どこか晩飯と風呂にありつけそうな街まで行こうと思うが、とっとと日が暮れる始末
すっかり暗くなって到着。総合店舗で立ち読みしてる間に終電も終わり、またも宿無しに?

あなたが乗りそびれた列車はアンパンマンですか?それともドラえもんですか?

"よろしい。ならば18切符だ。"
っわけで市街の撮り収めに奔走し夕方に宿を発ち、駅前にバイクを止め市電で風呂。終電で駅に戻り晩飯に巨大ハンバーガ
店中の注目を集める殺人的サイズで満腹死。閉店になっても腹苦しい。夜の移動は寒いし危ないので駅寝。浮浪者と旅行者だらけ
朝早くから賑やかで起きる。この駅が静まるのは三時間位か。二度寝して列車の写真を撮る内に八時。今日は温かいし朝は焼鳥弁当にして出発ナリ

一度、狩る者と狩られる者の違いを思い知らせた方がいいかも知れん、こくまろ風味に

寝起きで出掛けたが意外に写真映えせず、少し待ち古い路面電車に乗る。一度宿に戻り荷物をまとめる
旗付き自転車は盗んで回ってる事が解り失望。橋を見に行く道中に旗探し。街を離れると意外な程スムース
痕跡を辿って行くと迫力ある軍用アーチ橋登場。トンネルも登って内部をチェキ。一通り見たら急な雨。
昼はまたオムライスにして夕方以降をどうしたものか。いい街なんだが12号線を境に西は都会疲れするのです

しばらく観光客と化してますた

遅くに起きたので一日乗車券で路面電車の終点巡りしたり適当なバスに乗って街中をウロウロ。昼は巨大オムライスに舌鼓み
夕方に有名な坂に下校風景を撮りに行くも観光客が多過ぎ断念。街外れに烏賊尽くし弁当を見に行くも腹減って無いし烏賊過ぎて断念
帰りに百円店で資材を追加してから宿に。夜景を見にまた出掛けて帰ると飯屋が閉まってる始末。電停二つ歩いて晩飯にありつき夜中までエロ話で盛り上がり過ぎ爆睡

今日の一言:"東大物語と灯台元暗しって似てない?"

陽が出ても13度と寒かったが温かくなった所で出発。連休もあって交通状況は悪い。っか中途半端な田舎運転が。
先月撮り損ねた構図の写真を撮りに廃線に寄ってから心霊スポットで有名な廃トンネルに
冷やかしで来たがまだ生々しくて後悔し退散。陽気と寝不足で運転がヤバげ。観念して帰省で混んでる駅で仮眠
起きたら夕方で撮影は諦めて一路、宿に。飯と風呂に行ったら寝不足もあって"お目々はトロリンお眠だわん"

今日の陰語:"肉いちご"

急に現実感を取り戻したら室蘭に行くのもウザくなり外に出ると大雨、駅前でダラダラ待って札幌に
街も慣れたし先月買った防寒着を返品して飯食って地下街を散策。やはり解り難い。地下も閉まるので古本屋に
勝手に改蔵を読み終わると四時、仮眠場所探すはずが寝る時間すら無い。止む無く朝まで開いてる店で軽く食べて仮眠。
朝に店を出るも気力も体力も無く、地下街や公園でごろつく。これじゃ浮浪者みたいだ。

連絡:雑記を見るのに必要なIDとPASSが分からない人は携帯にメール下さい

港にあるホテルの焼け跡を探して右往左往してからホワイトハウス並と言う"みずほ定食"を食いに来たもののガッカリ。
やはりライダー情報に限りますな。久しぶりに大きな本屋で立ち読みし帰りに寄る所を物色してみるが
あまりパッとするのが無いと言うか九州まで行かんとあかんみないだし、今回の道内廃線散策も手落ちが多いのに気付き萎え
やっぱ本職は凄いんだが妙に醒めた気分。こげん所でなんばしよっと?

以前、"田舎者が"と言う話をしますたが、やっぱアカンわ。この辺りの運転は

シイタケラーメン食いながら宿を考え、千歳に向かう事に。これまでと違い交通量が多く流れも悪いし、千歳までニ時間強も掛かり、気温も13度と寒い。
宿に着いてまずは風呂。富野は近くに風呂が無く二日の林道と炭鉱散策だったので久しぶりの風呂に長湯
コンビニに寄り宿で酒飲みながら夜中まで話込む。この時期は濃い人が多い。朝からもいい天気ながら話し込む
結局、苫小牧に昼に着き廃虚と廃線に寄って駅前で昼飯。

今日のホクレンリサーチ:"Fit4WDのリアサスの謎を解明しる"

炭鉱遺跡に戻りカメラを構えていると、ふとSLの汽笛が聞こえた。振り返って見ても朽ちた廃虚だけが続いている。
まるで汽笛はそのコンクリートに刻み込まれた記憶を呼び起こした様だった
って事は無く近くの公園で観光で走ってるですが、さっき間近で聞いた時より迫力ありました。
三笠まで来たし再び上砂川に。夕暮れ間際に約束の場所に行ったがもう誰も居ませんでした
まぁ命は果たしたので浦臼のシイタケ飯店で夕食に

しばらく圏外にいますた

なんでもサヨナラ運転とかで混ざって撮影。明石から来たと言う人達まで居て驚き。ピクトリアルに記事書いてる人まで居たり
結局、楓は誤報か鉄ネタだったようで退散。近くに初音って地名も発見。そういや今週は交通案内板に日高とか三石とか宮村とか見掛けます。
で鉱山病院の廃虚を探しに三笠に戻るも道中も廃線だらけ。簡単に撮影しながら山合いに入るも施設跡しか見当たらず深追いするも泥ぬみが酷くなり断念。

しばらく圏外にいますた

朝からいい天気なので伝説のオメガカーブを探しに行くも道はすぐに発見。トンネル崩壊による通行止めの案内で更に萌える。
近くの爺さんに歩いてすぐと聞き徒歩で行くも全く辿り着かないので戻りバイクで特攻。片道1km近いんですけど?で、トンネルが完全に閉じられてて敗北
真谷地に向かいいくつか廃虚を撮るも炭鉱病院の廃虚が見つからず深追いするも撤退。
楓駅にも印があるので見に行くとカメラ持った人が数名、何?

しばらく圏外にいますた

まじで真青になりながら道程を引き返し林道で発見。戻りにドリドリで駆け登ったのが原因だろうが安全策を多重化してなかった自分に萎え
道に戻ると同じ情報で来たSR500に遭遇。廃虚話に花が咲いて鉄橋を渡ろうとしてどちらも高所恐怖症で駄目だったり崩れ掛けの発電所内部を探検して日没。
またも富野の宿に泊まる事に。酒盛りで気がついたら寝てました

しばらく圏外にいますた

周辺の跡も抑えてたらすっかり昼に。又聞き情報だけで炭鉱へ。博物館に行くとニ時から炭鉱に入れるのでそれまで林道から遺跡を探すも徒労に
炭鉱案内はツアー客の都合で早足ながら満喫。シュウパロ湖に向かうも昨日の情報は即に先月チェキ済みでガッカリ
マップル情報の場所が今日は開いてたので向かうもすぐに行き止まりで引き返して夕張鉄道のトンネルを撮りに
再出発しようとしてリュックが無くなってるのに気付いて絶望

しばらく圏外にいますた

朝からいい天気なので昨日見た栗山の線路跡だけ写真撮りに戻る。崩壊したのか壊してるのか重機が土砂を掘ってる。
外観だけ抑えるも何だか気になり内部へ。かなりエゲつないが五絛や武田尾に比べれば楽勝。中から見るとローマ時代の回廊の様
撮りまくってから反対の出口へ。光も差してるし短いトンネルなのだが異様に足がすくみ何とか出て見ると国道からすぐ
二度と入る気しないので国道から歩いて戻ると祠や銘板などが。納得

しばらく圏外にいますた

前回に続き橙みそラーメンしかも炭火焼チャーシューは絶品。フィルム買い給油しペンギンと旭川美人は諦め岩見沢へ。
廃校に行く途中で廃線発見。肝心の学校は見つからず着いたらもう閉まってますた。しかたなくコンビニに寄って富野に
網走の宿で夕張散策の話してた学生に再会。宿の親父さんが今夜は冷るとの話。気温が一桁になりますた。先月も富野に着た日は一桁でしたが何か?

またも圏外に滞在してますた

結果またランプに泊まるも翌朝は雨。晴間も見え出したので出発。朱鞠内は諦めひとまず旭川に向かう。
峠もいつかあるので念の為に雨具を着るもいい天気で暑いくらいだったが大雪山手前で降り出す。
こんな事だと思ったのも束の間、突風と土砂降りになり頂上はみぞれが吹き荒れ、左右に2m位流される。
雪、雨と来たので今度は晴に期待した俺がバカですた。何とか下り当麻で温かい食事と思うも我慢して旭川の橙に
ウマー!

買物運が不調:思い切って外車を買うもマツダの車体にイスズのエンジンのフォード車に

朝から宿を出るも旗を落として探したりしながら湖畔へ。時期外れで何もなかったが水鳥と併んで走ったり
せっかくだし監獄見学してまったりしてから再訪理由の熊取湖へ。時期が早いせいと写真映りのせいでガッカリ
以前同じ宿だった人に再会し愚痴る。仕方無いので日没までに知床五湖を見に行くもこれまたガッカリ
帰りにまじでガス欠になりつつ帰還。前オーナーと会って飯食ってダベって見送ると終電も終わり今夜は宿無しに

ナコの一言:"継母、犯っちゃえ"

また帯広の宿に戻り酒盛り。朝から温かいし出発。朝から六花亭に行き食い収め、甘過ぎて胸焼け
以前に雨中で見た駅を撮るべく百キロ程探す。そのまま心霊スポットの常紋に行くも何も無くて退散。
別な面で興味深い所ですたが現役線だし諦めて丸瀬布に寄るも休み。まぁ写真は撮れたので退散
写真撮り直しに湧別に寄り漫画美術館を見て、日が落ちるまでに網走へ急ぐもサンゴは見つからず
有名飯屋で夕飯にして明日出直す事に

今日の一言:"六花亭で朝食を"

またも帯広だし朝は六花亭で甘い物尽くし。オフ車の女の子とダベる間に昼前になり出発
前は天気に祟られた日高がいい天気。勧められた長和内の味噌キムチラーメンを試すも味が本格的でイマイチ
鉄道資料館やナコルルの実家に寄って海沿いに出たらもう夕方
なんとか夕日の襟裳岬に間に合うが、何も無いし退散するも反対側は道も悪く潮被ってるし最悪。
波に合わせて潮をすり抜けするも対向車がトスしたのをレシーブしますた

タイトル入れ損なった様な?

市内もこれでもかっつ感じで飛ばして何とか間に合う。場内はガラガラで驚くも当然か。
こんな時間に現地に居るのは余程の暇人か石原祐次郎目当ての地元の年寄り位な物
超レア映画っ事だがむしろ記録から消したいであろう出来の作品
シーンの使い回しや実際の映像を混ぜたりマッドの様な構成。再映できないのは版権問題?
っわけで激走5000kmっつか俺が爆走600kmだよ、全く。一日四国一周走破に次ぐ厳しさですた



即に四時で鉄道資料館を軽く見て出発。大通りに祭の旗が並んでるので安全運転で一万回転以下に
祭帰りに事故死するのもお約束だし。ちなみに午前は常時一万越え、そら燃費悪いわ
一路、帯広に向かうも日曜で幹線道路は混んでるし止む無く本気で擦り抜け。対向を寸差で交すのでオー○ス見えてるのに光らせたり
残り80kmで突然の雨。更に峠が濃霧で視界10m。峠の下りでリザーブ。念の為下り切って給油20km/L未満

韓国に一言:"舐ないでよ。金正日なのよ、あたし"

っわけで時間も押してるしオフ車ばりの速度で戻りターマックも流しながら走る。怖かったし。
飛ばし過ぎて地図にGS無し警告がある山奥でリザーブに。20km/L切ってるし添牛内まで大人しく走る
駅跡は見捨ててGSに行き、引き返し撮影。ちなみにGSが廃駅前と言う罠。その後も鉄橋とか撮影しつつ幌加内へ
知り合ったライダーがメールで勧めてた幌加内そばを食べる。確かにうまいが北見相生駅の方がダシまで美味かな

言語中枢が不調:"そんな事言う人は嫌いです"と言う所で"そんなの良くないと思う"

向こうが見えないし取り敢えず行ける所までと思って入るとすぐにカーブでトンネルの連続が一望
旧北陸トンネルと酷似してるが北海道の山奥だし何があってもおかしくない。素人にはお勧めできない。
景色はいいんだが余りに鉄道トンネル独特の恐怖感が強く楽しめず。一応立ち入り禁止だし
六つ程過ぎるとコンクリで埋めたトンネルを脇目に川沿いに千湖ラリーみたいな道。行ける所まで行こうと思ったけど余りに長くて断念

金正日の一言:"小泉マイラブ"もしくは"孝太郎!このエロガッパ!"

チャリダーに釣られて八時に起き買ってあった朝飯を食うと九時。一応、野寒布を見て一気に南下
景色はいいがイカにもってのが気に入らない。ガンガン飛ばして羽幌に十時半。二股ダムに向かうも封鎖中
隙間から入りダムに着くと後方高くに高架が。林道を行くも方向違いの様なので別の砂利道へ
キター!鉄道用単線トンネル。入り口でかなり躇らうも日常的にダンプの走ってる跡があるので突入。路面に注意しながらも急いで走行

俺メモ:M.I.P.用にQooのCMとゆんゆんパラダイスのビデオきぼんぬ

まだ稚内まで遠いので利尻冨士だけチェキってすぐ出発。撮影限界で駅に着き最北の看板もチェキ
どっかで暴露されてた真の最北の線路を探すも貨物線跡を見失い寒いし断念し晩飯に
観光向けな店しかないので諦めてカニラーメン。愛想悪いは蟹は冷たいは、今までで最低
別の最北の旗を貰いに行くが品切れ。口直しにサハリンラーメン。まずくは無いが色物過ぎて驚き。
宿まで迷って着いたら風呂が終わっててグンニョリと寝る

ムネオに一言:"一般道が昼間100km夜は140kmで流れてる地域に高速道路?"

仁宇布までは記録出すべく六千未満でまったり走りリザーブまでで386km給油404km11.5Lと自己ベスト
日没まで、とか言いながら音威子から海側へ。ひたすら飛ばす。って半分位しか回してませんが(笑
リアだけでなく札幌で変えた前タイヤも直減りしてるので流れまくる。少しは丸くなったはず
海岸に出ても残り100kmの看板に唖然。そのわりに日没寸前に到着。旗もゲトし給油すると20km/L以下な始末

俺メモ:CSMA用簡易帯域制限機用に10BASE-Tのオシロ波形ゲトしる

興部の駅の宿に行ってラーメン食べて銭湯に。地元の人と湯加減の話してから服を干して寝る
またも鼾で起こされるが服も靴も乾いて無くて日が出てから干し直して朝飯。朝一で北上する予定がいきなり頓挫
中年ライダー同士の話を横耳に朝からのんびり。乾いてから廃駅探しながら西へ。ついでにひなた荘に立ち寄ったり
家族連れに交じってトロッコ運転してみたりしてる間に昼下がり。なんとか宗谷岬に夕方まで辿着くべくハッスル

今日の一曲:"ムネオーGoGo任せて、私のーGoGo権力で、嫌がる程萌えるわー"

小雨ながら嫌ソな感じなので雨具着込んで出るも峠は大雨。山中で寂れたいい駅を見つけるも撮る余裕無し。
高原鉄道には改めて乗りに来ないとだめだわ。大雨の中で見ても景色も雰囲気も素晴らしい。
湧別では雨も止んでて、駅跡見たり漫画美術館が閉まってたり夕焼けの湖を撮ったりしなから日没。
紋別を過ぎた辺り、真横に廃橋ハケーン。薄暗い中に川に写り込む橋脚は感動的。あまりにそのまま残ってるのも悲し気かつ不気味げ

みのもんたに一言:"銭湯の壁越しに電話相談室キボンヌ"

朝から雨で駅前にシャトルバスに乗りに行くも案内所すら無く旗が残ってるだけ。バイクで出直したが既に出走した後。
会場の設営もまだやってるので金の要らない範囲だけ見て回る。
言葉は分からない外人メカニックとラリークラッシュのビデオを見ながら爆笑したり、帰って来たモンスターのイグニス撮影したり
諦めてた鑑賞券がダブついてたのでゲト。また日曜に帯広に戻る事ケテーイしたので午後から興部に出発するも酷い雨

連絡:雑記を見られない人は携帯にメール下さい

早めに会場に行ったが結構な人。間違えて関係者の場所に入るもニコンじゃないので追い出される
撮影には向かないが雰囲気がいい場所で朝礼のフルコースに隣のモンスター狙いの人と苦笑い
昼に見た車ばかりだが一段とカコイイので、またも50枚程消費。使い慣れないシュチュエーションで現像せずとも期待できないな
宿で久しぶりに2CHな会話で盛り上がった後、2ストのチャンバー音(鼾)vsカムギア音(歯ぎしり)な始末

連絡:雑記を見れない人は携帯にメール下さい

相変わらず分かりにくい場所だが行き違う車がそれ気なので分かりやすいですな
インプかエボばかりかと思ってたけど、キター!!リアルイグニスたんハァハァ
けどストレートもろ出しでやはり規制に掛かった模様。匂いも甘いし
過激だけど、やっぱイグニスはええね。"小っちゃい方がええな""でしょ?"色々撮影してたら百枚近い始末。
松竹梅が反転してる店で松を頼むと露骨に肉質落ちますが閑散期なので焼きは最高ですな

連絡:雑記に入れない人は携帯にメール下さい

散髪でもしようと駅を通るとイベント案内所が出来てたので寄ると現地では既に終結してる模様
散策は諦めて朝飯に有名洋菓子屋へ。あるある大事典でも朝は糖分を多くって言ってたし(言い訳)
どれも百円なのでまたも食べ過ぎ。この味で神戸に進出したら軒並倒産するでしょうな。牛乳の質に依存してるのかな?
丼は夕方にするとして現地へ向かうとしませう。今日も暑いので難儀な話しです。

連絡:雑記に入れないって人は携帯にメール下さい。

いやもう何がかわいいってトンボ追い掛けて水面を泳ぎ回ったり陸に飛び上がった勢いで滑って転んだり、一日中見ていたかったですな。
まぁそんだけ楽しい動物園なら全国ニュースになるわけだ。まじでまた行きたいです、ペンギン見るためだけに。
今日は夕方まで暇なので先週来た時のグルメ紀行の続きとか日常的な用事をすることにして市内散策に出かけます。
平日とは言え、早めに開会式会場で陣取っておきたいですからな。

せんだみつおの一言:"職業選択の自由ナハハーン"

鼾で全員早起きして離散。取り敢えず効率良く北上して戻るべく、午前に廃線散策し午後から一気に北上する事にしていたのだが
朝の市内散策で話題の動物園に寄って見たのが悪かった。
ラブリー生命体にメロメロにやられ気が付けばペンギンだけで50枚以上撮影して昼過ぎになってました。
北は一度諦めて世界選手権見に200km程南下。凄い陽気なのにやはり峠は寒い。次は500km北上かと思うと気が重いですな。

今日の一言:"モジラのイメージキャラクターがモジモジ君に"

朝からのんびりと順次見送ってるとライターの人が居たりバイトするのにバイクで来た人が居たりと驚くばかり
取り敢えず有名地に走りに行くも意外につまらなく写真館を巡って戻る。駅前に行くも見た目だけ都会風
結局、買出しもままならず撮影スポット探しも失敗。グルメに走るも聞いた場所と大きく違い本署の偉いさんに教わる
舌鼓みを打ち帰りに夕焼け撮影。写真家が移住してくるわけだ。宿で寝るが一人鼾がうるさく全員避難

今日の一言:"梅干のおにぎりと言う名の巨大巻きずし"

寄り道しながら着いて見ると全然小さい街でがっかり。これじゃどっかの地方都市だ、ってその通りか。支店経済だけの街だ。
フィルムの買出しは諦め、一周して次の目的地へ。久しぶりの陽気に半袖で走るのが気持ちええ。
単調な道だが天気と景色で退屈しない。が、山越えになるとヤバゲになり、ついに降り出す。峠越えるとマシ。
途中から線路跡らしいのと併走しながら平野部で夕焼けを撮影して宿へ。食って話して寝ました

圏外に寝泊してて三日程音信普通ですた

朝起きるとどんよりしてるので移動は諦め、パン食べてゴロゴロ。昨日のじいさんと地元の子供と遊んだり孫連れたばあさんの話し相手したりのんびり過ごす
じいさんの手伝いした後、傍の店で名産のソバと巨大豆腐を食べる。評判通りうまいのだが食べ過ぎで寝込む
夜、他の人が自炊してるのを見て憧てみたりコンロを囲む夕べ状態。
今朝は快晴なので思いきり移動することにしてまずはフィルム買出しに、しかし今日は熱過ぎます

今日の一言:"さかなはぼくーらをー待ってるにょ"

仕方無く豪華な安宿に泊り、翌朝に半島を一周。曇りがちだか峠は濃霧、視界10m位だが飛ばし気味に越えると晴れ。
いきなり別世界でした。まったり戻って来て次の街に行くつもりが信号機一本撮るために遥か山奥へ。みつからず終着駅だけ見に
そこで謎のじいさんと遭遇。実は管理人で非公開の所とか見せてもらい夕飯買出しついでに寄せて貰うと本業は写真屋
切符やら鉄道やカメラやバイクの話しで盛り上がり気が付くと零時前

« 2002年8月 | トップページ | 2002年10月 »