« 2002年6月 | トップページ | 2002年8月 »

2002年7月

腹減った~

ってわけで飯作るのもダルいので、ちょいと夜駆けしにいってきますた。
ゼファーな兄ちゃんがサンダルで出掛けるようなノリで出掛けたんで
近場のラーメン屋で済ませて帰ろうとすると、
ガキがチャンバー替えたNS-1で遊んでるので軽く粛清。
っつか、やっぱカムギアうるさいわ。2ストは耳障りなだけで音量は大した事ない。
で、意味も無く新開地まで来てしまったので、ちょっと浜手バイパスへ。
夜風が気持ちいい、かと思いきや。湿っぽい上に結構な強風で。
ハーバーハイウェイに様子見に行って見るが誰も走ってない。
適当に流して折り返すと先行車発見。国産アメリカンだったのでとっとと引き離す。
と、突然変な感触が。普段着が風圧に耐えられずぬあわkm/hで一気にボタン飛びました。
中学高校と卒業式でも安泰だった第2ボタンがこんなことで無くなるとは(笑
っつわけで高速巡航の練習したわけですが、やっぱ曲がらない。
割と曲がる様になったけど高速擦り抜けするような精度は不可能ですな。
4発乗りが街乗りでもあんなバンク姿勢取るのは格好つけてるじゃなかったわけで。
あと6速のギア比はトップギアでぬわわkm/hからの強烈な加速の為の減速比と納得。
でもアイドリングのトルクだけで40km/hくらい出るはずだし、やっぱ仕様変更必須かと。
ちなみにγだと、そもそも出掛ける気にならない上に、食後すぐに乗ると吐きます。

Su27ってどうよ? ってメールが

思わず、どんな耐熱温度の合金だったかなと工業JIS規格を調べそうになりますた。
結局、定番なロシア戦闘機の航空ショーでの事故の話だったわけですが。
要約すると、「スッホホ~ィ」「キーんでございます」「ぱっきゅるーん」という話でした。
まぁ、20世紀技術の集大成っつ意味では大きく評価したい存在ではあります。

アムトラック事故の話がNHKでやってました。経営が悪く未だに黒字になった事もなく
負債だらけで倒産仕掛けなのを国が支援してるとかいう話で。どっかで聞いたような。
距離的に飛行機がメインの国で大陸横断の旅客運転してどうすると問い詰めたいが、
国鉄末期とかJR発祥後しばらくの3セクみたいで。距離も負債も桁が4つくらい違うけど。

そういや車体全部を国道417のデカールにしてある車を以前見た事がある(笑
まぁ国道そのものも酷な道ですが、417ファンの方も大変な道だと思う次第です(苦笑
最も酷なのは●●姉ファンの道だと思いますが、余り言うとマジで殺されかねないし省略。

最近TV大阪ローカルなのかTV東京なのか鉄道をネタにした番組多過ぎませんか?
廃線で辿るグリメの旅なんて無理やり過ぎると思いますが、毎日放送も淡路交通跡行ってたし。
これが岡山ローカル局なら放送終了後の展望カメラで下津井とか映してないかな?

本日の盟題(?)メインマシンの入れ替え完了しますた。当面は連続稼動の安定性が心配ですが
この時期OS入れ直しアプリ入れて安定させる時間ないので、Xa7toXv20の中身を丸ごと入れ替え。
SWAPxWAP略してスワスワ。そういやスマちゃんっていましたな(サディスティック19参照)
初日、オペレーションしなければ1日稼動。二日目、不安定がネスケ固有ではなさげなので調査。
どうもJPEG関係の処理するとビデオカード回りで落ちる模様。以前、知り合いから買った後期型に交換
取りあえず、安定したと思われますが、このまま数日様子見です。どうせ、安定したらそれから
冷却加工とHDDケース交換、防音防塵対策等をするし。今は防音前なのにこの静かさってのに感動。

今日の一言:天地無用GPZ

今日は急いで帰る用事もないので、本屋に寄る筈がバイクの保険の書類出すので急ぎ帰宅。
羅針盤でパンフとわでイラストとマップでHDDケース買う筈だが給料日後にするかな。
Xv20のHDDベイが専用設計なので5インチベイに。リムーバブルケースならアクセスランプ付きだし。
余り物を使ったら7200rpmの発熱に耐えない罠。っつかフレームx2にパックx1って計算合わないし。

どうも250Rの6速はツアラーにしてはギア比低過ぎると思う。6速で街乗りで4000も回さなくてもいいはず。
1速で90km/hもでなくていいのでスプロケ変更したほうがよいかと。っつか6速のエンブレ効き過ぎだし。
本来は6速なんて加速用じゃないから、アクセル話しても巡航できるのが適正だと思うのだがどうか?
で、試しに近所を全部6速で走ってみたら家まで無事到着。俺んち知らないと意味不明な説明だけどね。
帰りの2号線でマグナ発見。まったり追い掛けてみたがいつもの交差点で右折。と、その瞬間白バイ通過。
やはり、このミラーは危険だ。完全に見えてなかった。自分の庭のような場所だけにかなりショック。
視線移動どころか首動かさないとミラー自体が視界に入らないっていうのは事故帽子の面でも結構辛い。
ノーヘルで試してみても前方視界を確保するとミラーは眼鏡のフレームよりまだ離れてるという始末。
ギア抜けはミッショノイルが終わってる模様。始動不良はアイドル調整したら今のところ症状出ず。
前ブレーキパッドがそろそろ終わり、多分リアも。この操縦性でγと何度かツーリングしてりゃ仕方ない。

今日のネタ写真:電源パネルすら5インチベイにマウントするケース

今日の一言:天地無用GSX-R

先週の東京ミューミューが凄かったらしい。その辺は適当にニュースサイトで見て貰うと解るんですが、
2chの二次元板も凄くて。紹介するにはマズ過ぎるので割愛。意識してネット徘徊してたら遭遇するでしょう。
なんと言うかこう批判的であった物に急に肯定的になるって事が多いような気がする。
で、今日のGonはイマイチだったな。とか思ったらオペラハウスでコスコンに誘惑されたり。

今日は、仕事帰りに写真を店に取りに行ったり、バイク屋でタイヤの値段調べたり。
ハーバー辺りで早い奴センサ反応、柳原で止まるとマグナだった。
マジェ系やアドレス100も含めて一時、道路が8台くらいで擦りぬけ大会になってますた。
BE-LANDでタイヤの値段と時間を聞いて夏グローブを見て退散。信号でレプに遭遇、ヤマハの750。
YZFR1の前身みたいな感じ。大人しく付いて行ったものの、やはり振り切ろうとしたので返り討ちに。
どうも2スト乗り同士が、音と匂いで惹かれあうみたいなのが4発同士にもある様子。
ちなみに、750特有の加速で信号ダッシュしたので、1速全開にしたら警告灯が!
速度警告だったで2速にしようとしたら強烈に減速。クランク齧ったかと思ったがその後も快調。
いつもシフトチェンジでアクセル抜き目にしてから変えるのだが、これが効き過ぎた模様。
2スト1気筒10000rpmとは桁違いな4スト4気筒18000rpm+カムギアでのフリクションロスを思い知りますた。
エンブレっていうよりも「はずみ車減速器」(永久機関が信じられてた自体の最有力回生装置だっけ?)
写真屋の帰りに、意識してみるがセルフステアしないor巻きこむように倒れる。やっぱ直線番長かも。
γなら擦りぬけでもツーリングでも想定ラインから5cmくらいの誤差で動くのだが、やはり戦闘機だからか。
そんな運転性能で徹夜明けに岐阜まで行って不眠不休で1日走りまわって日帰りしてくるのが異常だな。
ま~、そう思うと VFR800(P)ってステルス爆撃機だよな(爆)。ステルス偵察機はRVFッつ感じで

X型の人:読書運が不調。柊あおいがジブリに引き抜かれていた事に気付きます

というわけで、慣れるためにも帰りに寄り道するためにもバイク通勤に。
ミラー位置が異様なのでバイパス乗った時に白バイ警戒体制。
と、エライ勢いでヘッドライトが掛け上がってくる。交わしてみると見なれたバイク便。
チェイサーとしては当然のごとく、売られた勝負は買いますな。
γの経験からして通勤時間帯だし、巡航速度ぬふわkmまでの勝負だろうと。
で、まぁそれは間違いじゃなかったものの、γと違ってどこ行くのはホントにわからん。
ロードインフォメーションがほとんどない、っつかラインがずれてから逆算せんといかん。
γだとステアの手応えとセルフバンクですぐになんとでも出来たのだが。
っつわけでホンダのネイキッド250か400を返り討ちに出来ずに終了。
いままで、バイク便ってプロライダーの癖に擦り抜け遅いので虐めまくってましたが、
仮にあれがSPADAかなにかだったとしてもCBRの方が狭路擦り抜け以外では性能は上のはず。
それで全く歯が立たないのは完全に腕の差ってことでしょうね、認めるしかありません。
これほど重くて言う事聞かないマシンであれだけやってたんだから、やはりプロなんでしょう。
結局、俺の擦り抜け技術は危険予測はともかく、レプリカの戦闘性能によるものだったと痛感。
そう思うと、敵討ちしたツモリの43号線の隼も仕留め直しに行かないとダメだな。(マテ
原付2種相手に180kmで振り切りやがって、と思ったが高速擦り抜けで200kg超えのマシンで
γにそこそこ付いて来れただけでも、勲章ものかもしれん。少なくとも俺には無理だ。
これからは身の程をわきまえて、チェイサーではなくチェレンジャーとして頑張っていこう。

で、4発ってどうよ?

っつことで、半日乗りまわした感じでどうだったかってわけですが4発にうるさいのはソコソコ慣れました。
カムギアのうるささはまだだけど、おかげで40km/hで走ってても飛ばしてる気分になれるのでいいかも。
2スト単気筒に比べて、4ストらしくしっかりトルクあるんだけど4発250らしく、油断するとすぐエンストする。
トルク自体が無い訳じゃなくトルク感がないのよね、滑らかで。トルクピークも低いから仕方ないと思うけど。
RRじゃなくRなのでツアラーらしく乗り心地もいいし、ホールド性も高い。が、サスは怖いかも。
レプでcm単位で擦り抜けしてたせいか、路面状況でじわっとラインが乱れるのは怖い。慣れだろうけど。
あとステムがかなり逝ってるせいでナチュラルステアが使えない、Fタイヤも終わってるし仕方ないけど
どこ行くかわからない動きと、ツアラー性があいまってかなり怖い時もある。しかし乗りやすい。
いままで運転と思ってたのが、むしろ制御に近かったと痛感。元々、評判いいバイクとはいえ別物。
そういや知り合いのゼルビスも初代ワークスも、運転しやすさというか制御しやすさを追及してるな。
制御ではなく運転を面白いと思う様になったら走り屋としては終わりだな、と思ったりも。

さてメンテ不足だし、オイル交換、オイルフィルタ交換、エアクリ交換、プラグ交換も必須だし
ステム交換とかクラッチの激しいジャダーとか、ラジエータファンらしき異音とか悩みは増えそうです。

福知山旧線跡第三次調査

武田尾温泉の最奥からトンネルを対岸に見つつ、ひたすら歩くと新線が右に。
良く見ればダム近くにあるのとは全然違う、山1つ手前の模様。
まぁ草と倒木さえなければ軽トラでも行けそうな道なんで、
写真さえ撮れればとバンバン歩く。なんか、道の真中に蜘蛛の巣あるんだけど?
それも1分歩いて数回かかる、ここ本当に最近、人が歩いたんだろうか?
でもまぁ、わだちも微かにあるし、安心してドンドン歩く。
と、前方が開けてガードレールが!対岸には廃線跡!
って、道が終わってる、っていうかいきなり崖。ガードレールなかったらレミングス並に死ぬ所。
しかし、開けたところからは川沿いの廃線跡が遠くの方まで見渡せる絶景。
そりゃー、現役だった時から話題になってるわけだ、延々と川沿いの崖を走ってるし。
で、写真撮ってから、探すと斜面側に岩場が少し開けてる。ダム側から来た時と同じ光景がそこに。
っつわけで、かなり絶望感抱きつつ、しばし突き進むと、デジャビュのような獣道が。
数分歩いて20mくらいしか進めないので断念。あの魚唇はこの道行ったのか?
それもさっきの場所からでは端が見えなかったほどの距離があるって言うのに?
釣り人が釣りのためならどこでも行くのは知ってたけど、いくらなんでも。どうりで穴場だ。
ってわけで流石に断念、日没までに着かないし、単独なので遭難しても絶望的。
白骨化してでも、発見されればいい方な所なので、心を無にして退却。
武庫川の綺麗な景色が嫌味に思えてくるほどの絶景でしたね、ホント。
どうも、上流側から行きにくいというのは、道の険しさのことではなく、
車無しでダム側まで行くのが難しいという意味だったのではないかと。

福知山旧線跡第三次調査

土曜に知り合いから不要に(?)なったバイクを譲り受けに大阪へ。
で、帰りに付け焼刃なデッサン力でもなんとかしようと京都に行くツモリが
元オーナーと話してるうちに日付変わってるわ、携帯動かないわ、風邪が酷くなってるわで帰宅。
一度、代行運転しただけなので、大人しく2号線で帰る。週末だし暴やん大盛況。
家の近くまでずっと暴な音がするので心配になってみたら、自分の音だった(爆
で、4時寝。昼起き。まぁ暑いし8時間で目が覚めたのね。で、バイクの任意保険で連絡。
今日から適用っていう親戚冥利な話だったので体調不良を無理して、またも武田尾に。
しかも地図忘れたので記憶を辿ってまたも道場方面から辿るというバカっぷり。
ま、前回は雨模様だったので撮り直しもしつつ、バイク慣れにもいい道なので再訪。

以前、行った時はトンネルアーチ上部から反対側見えるところまでしか行かず、
車で上流のダムの反対側から川沿いに下流に行ったのだが、これが凄いところで
川岸伝って行けばOKとか思ってたらそれも消失。草木もろとも川に落ちそうなので
崖沿いに登ると何故か赤いマーキングが。ってわけでハイキングコースの目印だったので
なんとか行けるんだと思ったら、ロッククライミングまでする始末。
一応コースだからか、それ用のロープとアンカーまで設置されてる。
これ、本当にコースのつもりかと、挑戦的精神でドンドン行く。
そりゃまぁ凄い道で獣道でももっとマシという所。だけど所々に赤いマークが。
さすがにこれはやめようって事で、写真だけでも撮れないかと川岸に降りてみると
なぜか人が!普通に釣りしてました。まさか、魚唇!?(サディステック19参照)
一気に安心しつつ、話しかけると下流から普通に登ってきた釣り人だそうで。
上流側からは普通来ないとの事。そりゃそうだろうなー。崖の上から蛇落ちてくるし。
足場を失ったというか、すげぇ崖で蛇ですらどうにもならなかった模様
しかも俺が岩場登ってる時に真上から。他にも川の中で踏んだら崩れる石を歩いたりと
風雲たけし城をリアルでやってました。下流からなら釣り人が普通に歩いてこれる模様
ってわけで、下流側から写真撮りまくりに行けば、原稿に稀少写真が使えるという目論み。

掲示板に書いてみたけどマイナー過ぎたか?

>JR九州、“改造車両”で無届け運転
>「銀河鉄道777」は、座席数を増やすため、ビュッフェから座席への改装を進めている。
>無届けで運行されたのは、ビュッフェ車両と差し替える予定の予備車両で、
>ビュッフェ車両に備え付けられているロケットランチャーを、新たに取り付けてあった。
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_07/3t2002071014.html
なぜか当時、777の食堂車だけ持ってた俺に萌え。しかもお約束でロケットは行方不明

昨日から体調悪かったが、今日の仕事中に風邪と自覚、それもかなり酷い。
で、帰って薬飲んで寝る。が暑くて起きる。、ナイトスクープ終わってるし(涙
しかたないのでCATVでも見てたら、ワルキューレが。頭朦朧としてるせいか笑える。
典型的なダメ系萌えアニメかと思いきや全方面でダメっぽい。バケ系というかバカですな。
そういや、今回の魔法遊戯は製作サイドの遊び心満載でかなり面白かったですな。

Xa7をセカンドマシン仕様にデチューンしながら次々発覚。
あらゆる部品が恐ろしいほど精密な位置関係で組まれてる。デチューンしてたXa12と比べると
ポイント式1キャブ3気筒と4気筒DOHCターボ4WDのエンジンルームくらい違う。
よっぽど暇だったんだなと関心しつつ、どんだけ綺麗に組んでも定期メンテは必要だと痛感。
N4ゲタ点検すると激しく埃で目詰まりしてる。一般PCの10年分くらいの稼動時間だしね。
これだけで安定性、激up、ADSタイミングを設定し直すと実用範囲まで回復。
なんですか?夏用のジェッティングとかせなあかんの?今時のCPUは(爆笑
で、結局、不安定だったのは連続稼動のせいかミスティーク(1064SG)が死亡してた模様。
3c595と差し替えるべく、純正の9680にすると組みたて当時の安定性は復活。
やはり、市販パーツで24時間365日稼動は厳しいね。2064は軒並み大丈夫みたいなんで
やっぱ、ミレIIAGPにしといて安心だったかな、と思ったり。FDも自前でシールド加工必須だし。
Xv20はサベ432のせいか安定性がまだ基準値に及ばないのでしばらくは併用かと。
ちなみにICQ99だとほとんどのメンバとコンタクト可能なのでICQ98はそろそろ引退してもらおう。
しかし最近、普通のPCユーザには関係ない話ばっかりしてるね(w

W型の人:「永遠はあるよ、100円ショップにあるよ」

今日は暑いけど湿度がマシでよかったかな~とか思って帰ったら遂にFLORAから警告音が。
案の定TEMP警告が鳴ってる始末。まぁ今日は仕方ないだろうな。うん、後で緩和処置だけしよう。
メインマシンのXa7が不調続きだったので、念の為CPUファン点検で久しぶりにバラしてみると、
普通に動いてる。が、仕様の問題が。前面吸気→HDD冷却→CPU冷却→側方排気という構造を
フレームに若干、手を加えて行ってたのだが、これが限界になった模様。
そういやMS600NV4使ってる知り合いは、どうにもケース空けたままでないと動かないとか言ってた。
純正600MHzでケース加工無し+俺が絵だけ書いて断念した、CバスにWindy三連をやってそれだ。
吸気孔殺してダクト化してる俺の仕様じゃ耐えるわけないな。
っつわけで、一向に進んでなかったメインマシン乗換えキャンペーンでもしよう。
って次はXv20なんだけどね(爆笑。やっぱレスポンスでは98未だに早いからね。
自作のセレ800とか会社のセレ1,2GよりもXa7改400MHzの方が早いし。
そういや会社のセレPC、RTのLAN刺さってるけど、こいつ叩く度にCPU負荷100%。
W2Kでこれだもん。IntelやDECのチップなら全負荷でも20%くらいのはずなのに。
1300円でDEC互換が買えるのに900円で買うためにこの始末なのかと。
ちなみにDEC純正は製造終了で新品5000弱、中古3000円台と3comなみ。
っつかマトモなNICのチップって元DECとIntelと3comしかないのか?

ま、コレ以上原稿が飛ぶのを避けたい俺としては急ピッチで環境整えないと。
で、本末転倒になりそうだな。サーバ交代のBP6とMS6163しかまともに動いてないし。



shift_track1と2を聞きながら行くといいですよ。特に春先に

そこに居ると生きていく気力が失われる。死ぬ気力すらも無くなる。
新緑も倒木も電柱も廃校も何もかもがそこにいる。
ただ水に沈む運命を受け入れるようにそこにある。
良いとか悪いとかいう次元ではなく、諦めとも違う何かを悟った空気だけが続いていて
それでも、それが自然であるように虫の鳴き声も若芽の匂いも広がっていて
それは余りにも虚しく、生きてる物も死んでる物も全てが平等に沈む運命にあって
何もかも消えてしまう中でそういう事を考える事すら無意味でしかなくて
ただこのまま、自分もここで一緒に消えてしまう事が当たり前の様に思えてくる。

梅雨明け宣言を待って仕込んでたますた(笑


♪公団が残したあの築堤をいつまでも追ってた♪

岐阜散策紀行 4

21号線に入るも時間のせいか連休のせいか、わりとさくさく関が原超え。愛知川で急に渋滞。
よく見ると前方で花火上がってる。別に急ぐでもないので花火中は渋滞に甘んじる事に。
で、終了したので、適当に右折して抜け道してみる。が、地図も見ずに行ったので途中で曲がると
同じ道に戻ってきた。地図で見るとそのままいけば良かった模様。
取り敢えず、疲れが危ないので古本屋の駐車場で仮眠。2時間ほどして暑さで目が覚め移動。
抜け道から国道戻って、ちょっとコンビニに停めるも、そのまま意識消失。
携帯が鳴って目覚めると、岐阜の山中が大雨だけど大丈夫とのメール。すいません寝てますた。
で、そっからさくさく帰るものの、仮眠したせいかどうも運転がラフで怖い。
草津の1号線合流で入り間違えそうになったり、市内で間違って三条の方に降りたり散々。
右岸道路で2号に入るも、運転が危ないのでペース上げられず、信号の間合いに合わせないまま
ダラダラ走ることになってさらに疲労蓄積。帰ったら風呂だけは入ろうと思ってたがもそれも断念。
死んだように眠ってました。

岐阜散策紀行 3

これで最大の難関だった通行止め区間は終了確定。ホント苦労した甲斐も報われた、その瞬間。
どうも、道路がおかしい。っつか頂上が土砂で埋まってる。何事かと思って降りて見に行って見ると
なぜか道路工事用の土で頂上区間が埋めてある。ハイリフトでも突破不可能。
パワーショベルかスコップで時間掛けないと無理。呆然としつつ眺めていると福井側に何かある。
行ってみると道路をコンクリで封鎖した上にチェーン巻き付けて、この先通行止め、と。
しばらく、放心してました。これはどうやっても通行止めだ、しかも人為的に。
確かにこうしてでも岐阜側に行かせないようにするだけの事はある道だけど、俺はもう辿り着いたんだから
ここから帰らせて欲しい、と。マジで泣きそうになりましたね。あれだけの武勇伝のオチがコレ?
で、100mほど歩いてみると登山客が車を止めてる次第。この先は普通に福井に行けるんだね。
ほとんど殺意を抱きつつ、しばらくウロウロしたが、どうにもならないので引き返す。
今から福井まで迂回して反対側から来ても時間も厳し過ぎるし、そもそも迂回路が417しかない。
仕方ないので道中で測量してた人に違う道を聞く事に。が、やはり黒図から林道しかないとの事。
ここから二時間は掛かる、との事。確かに三時間くらい掛かったよ。ありがとオジサン。
絶望感に沈んだまま、なんとか黒津まで戻る、仕方ないので県道をガンガン流しながら戻る。
っつかこのまま岐阜の山深い山中で日暮れ迎えたら新たなトラウマになりそうな感じもする。
で、割とサクサクとダムまで戻る、まだギリギリ夕日が差してるのでちょっと散策して写真撮影。
この時間の綺麗な景色があるからどうしても岐阜は嫌いになれない。
作業終わったみたいなので工事関係の車に巻き込まれる前に樽見まで戻る。
で、さらに空いてるうちに黒野まで戻って、和む。すでに銀塩の撮影限界時間なので撮り収め。
道が面倒なので417で21に出ること。途中で本揖斐に寄ると駅の喫茶店が潰れててショック。

岐阜散策紀行 2

その先、4駆でないと走行不可能。間一発でスタックする前に停止。なんとか戻る。
どうもみんな間違って入り込んで引き返した模様。で、うろうろしてるうちに県道発見。
キャンプ場の案内もあるのでサクサク進行。道は良好でダム手前の分岐へ。
案内板もあるのでそっちへ行くもいきなり険しくなるが、地形的に納得。途中で案内通り土砂崩れ。
ちょうど復旧作業で通れる幅があって作業員の不思議そうな視線は気にせずさらに進行。
道を川が横断するのは見かけたが、ここは道路自体が川になってる。浅瀬の川底がアスファルトみたい。
さっきまでが県道でここが林道なので路面も凄いが険しさも激しい。
法面や崖崩れは当たり前。雨で道が流されたところを土砂崩れをならして応急路にしてたりする。
なんとか黒津で157の通行止め区間の反対側に到着。っつか157無しでどうやって生活してるの?ココ
で、157に続きに行こうとするも大河原より先、路盤崩壊で通行止めとか書いてる。
まぁ行くだけ行ってみよう。いまさらここまで(今までの散策で桁違い)来たし、他に道もないので。
で、ひたすら険しい道を登る。国道なので路面はマシだけど地形的には417と同じような感じ。
しかし台風の影響もあって漏水で道のほとんどが水路になってるし大小の崖崩れ多数。
そして大河原を過ぎてしばらく行くと、道が流されて川になってる・・・・なるほど納得。
しかし樽見から見てもかなりの距離でなんとか福井に抜けて帰りたいし、あの道帰るのは勘弁。
で、川の浅さを調べて車体までの高さではない部分に落石の石をいくつか放り込んで仮設路っつか水中路?
水の抵抗で止まるまでに反対側に前輪が届けばOKっつ事で助走つけて突破するとこに。
もし止まってしまったらタイヤを流されて川に流れ落ちるのでので命懸けの一発勝負。
こういうときナイトライダーのターボブーストあったら楽チンなのになーと現実逃避しつつも成功。
っつか失敗してたら命が助かっても、マジで帰って来てませんね、今ごろ。
で、その先でなぜか測量作業中の4人組と遭遇。どっちも怪訝な雰囲気で行き違う。
しだいに高度も上がって道も折り返しが激しくなって来て、まもなく頂上の予感。
やがてカーブを曲がった瞬間、空が大きく広がって見えた。遂に頂上!

岐阜散策紀行 1

夕飯食って一息つこうと思って仮眠するも「耳をすませば」やってて寝過ごす。
慌てて支度して二時に出発。京都南から安い区間だけ乗が、降り間違えて迷う。
彦根で日の出っぽいのでもっかい名神に乗ろうと思ったけどIC案内がない。
大型車も少ないし下道で関が原へ。途中、原色のEF66+24に遭遇。写真撮れず。
黒野で510たん眺めてから谷汲経由で417へ。休日だけど工事関係車が多数。
旧道区間に入ると相変わらずの状態。取り敢えず廃校だけ散策して旧道へ。
結構走ってたら前方で工事車で3台ほど渋滞。すぐに避けてくれたがバカ1台が譲らず。
詳細を省くので誤解するかも知れないが相変わらず岐阜は交通マナー最下位だ。
峠頂上でやっと横道に逸れたが、実はこの時、アホに構ってる間に道間違ってて
後にまたも風説を上塗りする事に。その後、林道っていうか地図に載せるのも
間違ってるような道を下る。が、途中でエルグランドと擦れ違う。どこ行くんだか?
やがて頂上から見えてた福井の平野部が目前に。が、全然地図と合わずしばし迷走。
476をうろうろした結果、頂上以前で道間違ってた事発見。断念して逆から行く事に。
ついでに476の未成区間も写真に収め、武生から池田へ。417に入るも快適な道。
勾配がきつい区間がしばらく続くもあっさり頂上へ。途中で三菱軍団4台と擦れ違う。
取り敢えず、間違えた分岐まで行って再考。バカの行った道が地図にないので再訪。
工事専用で路面も酷かったので断念。あんな道の反対斜面なので想像に難くない。
既に昼なので157へ行こうと思って、岐阜・福井どっちから行くか考え、岐阜に決定。
ケチのついた417区間の再走と写真撮り収め+谷汲駅の営業時間中再訪と給油。
またも風説を裏付けるようにカメラのフィルム巻き戻しが故障で感光。現像しないと被害不明。
気を取り直して一路、樽見へ。さらに山奥へ。で、久しぶりの157狭路へ。
なぜか通行止めであの頑丈な柵が閉まったまま。理由が釣り専用区。意味不明。
かなり絶望したが、いまから福井方面から来るのは時間的に無理なので、
樽見に戻り、県道から迂回。いきなり間違って林道へ。よく車とすれ違うと思ったら
その先、4駆でないと走行不可能。間一発でスタックする前に停止。なんとか戻る。

ごぶさたしておりますが

最近、ネットで連絡つかないと思ってた皆さん、お久しぶり。
メールに返事しないのはいつもの事、ICQはメインマシン不調かと思うでしょうが
実はIRCにもいませんでした。これ気付いた人はサーバ死亡を気付いたでしょうけど。
仮サ-バがなんとHDDクラッシュ、やむなく設定煮詰めないままBP6実戦配備。
ところがNICをどう替えても作動しない罠。昨日の帰宅後深夜まで作業するも解決不可能。
この時期2日も連絡つかないとシャレならない気もしたけど、断念。
その間に試したカードの数8枚。相性問題と思って組み合わせ試したので
数学的には 8x(8-1)x1/2っつことで28回、まーもうちょい少なかったけどね。
今日の仕事中、携帯に家から電話。親父が倒れたかと思って掛け直すと部屋に警告音響いてるとか。
FLORAの内部温度・CPUエラー・HDDエラーのどれか遂に作動したと思ってブルー超ショックxxx
帰って3重鍵+特性防塵フィルタを剥ぐと警告ランプもエラー表示もない罠。でも熱くて触れない。
良く聞けば横のBP6が鳴ってるじゃん。いっちょ前にサーバ並の警告音だしてやがる。
メンテしてみるとケース内温度が50度越えた模様。FLORAの横じゃ50度越えなんて当たり前だ
設定を甘めにして修了。FLORAと違って保護装置ないからあまり油断できないけどね。
で、やむなく停止してOH中のS1686DのNICだけ入れ替えて簡易動作確認だけしてそのまま実戦投入
当初、不具合続出で流石にCATVモデムまで疑ったけどバインド構成を何度か空で再構成させてやっと復帰
やっぱS1686Dはなんだかんだと持ち応えますな。金は掛けてても仕事後に片手間で組んだBP6とは違うな。
デュアル動作不良以外は防振防塵なんかも万全。墨から墨まで弄りまくってるね。少女拉致監禁みたいに(ォィ
さて、NIC紹介と思ったけど、字数が足りないのでこの辺で

意外な所で意外な名前を

TVでふと耳にしてビックリ。「天王洲アイル」って名前を聞くと吐き気がする。
反吐が出るって意味じゃなくマジで吐きそうな感覚。恐らく非常に軽微なトラウマなんだろう。
ちなみに最近、症状が酷いのは渓谷というか、武庫川の宝塚-道場間に行って再発。
そもそもは岐阜と福井の間にあるダム予定地に行った時に、ひたすら何も無い所を
延々と走り続ける内に自我喪失っつか少なくとも社会性を司る箍が外れた感じ。
今は慣れだけで生活してるので逆に恐ろしく規則的だけど、一度ペース狂うと
今までとは桁違いに踏み外そう。今までの踏み外しっぷりからしてどれだけの事やら。
まぁそんだけの事はあるところなんですがね。何時間走っても誰もいない何もいない。
ただ延々と捨てられた村や田畑が続く渓谷。っつかこんなの日本でここだけですが。
海外ならある意味、観光っつ感じだけど、なまじ同文化の景色だけに衝撃大だった模様。
で、要するになんとか今週末、土日休みなので克服しに行ってきます。そうでもしないと
いつ理性が飛ぶかわからんまま、生活せんとならん。帰りは伝説の酷道もチェキしる予定。

10日前から日焼けしてた腕の皮が剥け出して、サーファー並にボロボロ。
確かにここんとこ週末はアウトドア三昧だったけど、恐ろしく不健康な趣味だな(w

やっぱダメでした

で、昨日のうちに心当たりのあった共通項を交換すべく帰りにDOSパラでファン購入
5cmn在庫が1つだったので、CPUファン一式も購入。セニハラは変えられないから(w
で、共通項って言うのは、
PC9821Xa7=N4ゲタ改K6II+/200~600 P5F103=K6III/450 S1686D=PII/266x2
で、どれもCPUファンがWindyのになってるわけです。
特に98とサーバはここ2年、ロクに電源切った事無いのですよ。
っつわけで、CPUファンの風量低下による熱暴走と勝手にケテーイ。
まずはS1686Dから・・・・長時間格闘したが何も変わらず。っていうか諦めついた。
そもそもコレ神戸マップで1980円ジャンクだったのに当時3千円くらいだったP2/233x2で
一万円以下の格安デュアルマシンだったわけ。サーバらしくメモリは8スロットなので
当然、4MBx8で32、NT4軽量化でウマー。ま、すぐに8MBx8になったけど
まぁ値段以上の働きはしてくれたので、こいつはもう実験用かバックアップマシンに格下げ
プロキシなりDNSならそれなりの速度でるだろ。1CPUじゃレスポンスはクロックで補えないけど。
さて、これでますますBP6に期待するしかないわけで。でもw2kのCPU異常はいまだ不明。
まぁメインサーバでw2k動けばいいんだけど、何故かメモリ64MBしか認識しないので厳しい。
w2kproなら64Bで抑えこめそうだけど、4CPUなのでServer版必須。でメモリよく食う罠。
まぁこのメインサーバも、当時は市販PCがP54C/100MHz8MB400MBっつ時代に
P6x4/200MHz256MB40GBっつゲテモンだったのでよく頑張ってるもんです、今時。取りあえず、
w2kServerが64MB以下に抑えこめるかどうかとBP6でw2kproが普通に動くかどうかが課題。

ちなみに昨日は、ダム近くの旧道散策のはずが、なぜかロッククライミング。
そえもカメラ一式抱えて。まぁしかし年甲斐もなくよくやるもんだ(w

もう年ですな

若いものの後について山道歩いたら体ガタガタ。熱出そうなんでもう寝ます。
ってわけで、週末は某所の山道制覇の予定、とかって書くと内輪に殺されそうですな
写真の取り込みすらしないで何やってんだと小一時間ほど。
庵野嬢、三次調査も必要になったし。とはいえ今度は割と楽そうだけど。

帰ったら、試験でw2kインスト中の前サーバが死んでる。仮サバもその後死亡。
メインマシンも不調なんで、月曜からは共通項を疑って調査してみます。

週末、天気悪いん?

っつわけで、BP6のw2kのCPU占有率の謎がAGPに換えても直らないので断念。
っつかそのためだけにミレ2AGP4MBを3.5kで買いましたが、何か?
日本橋でもう500円も出せばG2008MBとか1000円でG400SH16MBなんか買えそうで
ちょっとは悩みましたが、3DやDVD支援などの機能はサーバにはむしろ邪魔なので
ドライバのコンパクトさって意味でも低機能に敢えて金を出そうと思う次第。
で、NT4入れて見た。
w2kではintel製と自動認識する割に動かないLANカードがNT4ではDEC製で自動認識+快調。
NT4じゃ自動認識でうまく行く事は珍しいんですよ。一体、w2kは何なのかと小一時間(略
やっぱこの軽量なレスポンス萌え、もうマジ萌えですよ。予想通りに動いてくれるこの快感。
ちとディスクアクセスに違和感があるので、今朝方ATA33対応ドライバを導入。
高速化で占有時間そのものは減るったのでかなり快適。ただIDE特有の占有率の高さは相変わらず。
まぁデュアル程度でフルSCSIっていうのもやりすぎなので。ちなみにアイドル時の負荷は4%で一定。
ってことはw2kで自動認識しつつ動作不調なオンボードデバイスって事か。USBかHOT66かな?
その辺、調べてから出来る限りw2kにしたい今日この頃、今晩は夜勤で明日は撮影か死んでるか。

V型の人:デパートに行くと屋上でD4からU4までの王女が勢揃い

アベノ橋商店街は相変わらずいい感じ。抑えてもアレっていうのが楽しい
初ハピレス。これはダメだ。シスプリとセングラ混ぜて1/10にしたような出来。
とかいいながらシスプリみたいに2年近く掛けて外堀埋められたりして(w
UFOワルキューレ。ダメだこりゃ、リゼルがダメな俺には無理です。
そういやGonも見た。いやはやイイですな、もう擦りこみチックで無条件に。
そうそう、念の為確認してみたら周囲の大多数が勘違いしてたのですが
私はおねてぃはダメなので誤解なきようお願いしますね、ホント。
バルキリーはV型じゃなく水平対向だろっつツッコミは今回は無しで。

こりゃまた参った

仮置きのサーバが2日と連続稼動できない罠。
とはいえ、時期サーバを組む時間の余裕もないわけで。
しかし VIA+AMDがこんなに不安定とは。何が原因かも不明だけど
どっちもサーバ向けじゃないので、ABIT製でもBXとセレx2の方が安心かと。
趣味性を介入させるとAMDは愉しいんだけど、結局Intelなのかねー。

取り敢えず乗越えました

今回は乗り越えた模様。消化できたみたいです。
仕事中にいつ発狂するかとワクワクしてたのですが、数回危うかっただけでした。

こんなことを書くのもなんですが、そういう所なので(嫌なら来るな)

実は昨日からまた激しい鬱症状で、昨日はヤバかったのですがなんとか乗り切り。
今日は、クスリ(市販)飲んで出社。夕方からなんとか持ち応える。とはいえ、
自発性が無くなっただけで完全にダメな状態です。分裂症すら併発できなくらい。
明日の夜に更新なかったら逝った可能性高いので、事前に書いておきます。
夕方辺り、生きてても精神崩壊しそうなので、意識のあるうちにメモっとく。

天気が良かったのでちょっとドライブに

土曜に、サーバのケース仕入れに日本橋へ。閉店ギリギリで展示品購入、付属品が見つからず、長居。
知り合いがナンバに来てたので合流して家に。で、PCIボードだけ預かって帰る筈がダベってる間に0時
じゃ帰ろうって事になって話を切り上げるはずが1時過ぎ。結局、ちょびっつ見た段階で退散しました。
本当はそのまま岐阜に行くつもりだったがイベントみたいなのがあって断念。また静かな時に行くっつことで。
2号線尼崎市内で眠気に負けて仮眠、起きたら4時半。一時間寝たのでなんとかそのまま帰宅。
ほとんど夜明けっつのにやっと就寝。案の定、8時過ぎに目が覚める。二度寝したら9:33に目が覚める。
なぜか奇しくも、ぴたてんOP終わったところ。結局、そのまま見てたら寝れないのでドライブに。
まぁ下調べも無しで出掛けた割にえらく敵中、ほとんど散策終了。とは言え寝不足で視力が厳しい。
最後の特攻状態の散策もなんとか成功。が、その後の念押しで崖から落ち掛け危く死に掛けた、油断大敵。
その後夕暮れ後に、帰り道に有馬鉄道跡に行くが前後が全く確認できず。深夜のドリーム交通散策よか難しい。
結局、飲まず食わずで1日動き回ったら死にそうですな。折り畳み自転車装備で2次調査にも行く予定

熱いの熱いの飛んで逝け(w

っつわけで、ちょいと更新。
BXのデュアルはケース無しで組むとなかなか不安定なので断念。
FXのデュアルは電源切って冷ましてから再起動すると復帰。
取りあえず、P5F103がW2Kも入ってるし、仮サーバにケテーイ。
少し謎NICが 98SEだとDECで認識されるのにW2KではIntelになる。
よく考えたら、DECってバラバラに身売りしてIntelになってるんだっけ?
いままで、記憶に基づいた消去法でFNW-9501かLA100PCIだと思っていたが
実は認証番号から謎なメーカ製と発覚。じゃ件の二枚はどこに?
しかも、2枚差しでいきなり不安定になるので予備で買い置きしてたNICに交換。
W2KってLANの動作確認が楽ちんだにゃん。NT4の頃は聞くも涙語るも(以下略
っつわけで セキュリティチェックを寝てる間に掛けておいて起きたら再起動掛かってるし。
今夜か明日には交換する予定ですけどね・・・DIMM足りね- 32MBですらも。

おじいさんがしば刈りから帰ってみるとメインマシンの外部ネトワク系が死亡してますた

最近ハード面が安定してた方なので連続稼働で、今度は逆にソケットがイったのかと動作確認してみますた。
そして我々の目の前に驚愕の事実が!っか予想通りプロキシ鯖死亡してますた
で、再起動掛けたらバイオス画面で再起動繰り返す罠。物理的にイきやがった模様
部品は新しいのが一式あるので今からぶっ通しで新規構築して復旧にあたります
せめて代わりが組上がるまで持ちこたえて欲しかったが儚い願いであったようですな

時事ネタを勝手に直リンしてみるテスト

会社に行くとみんな「天体観測」とかいうドラマで盛り上がってた(w
ドラマなんかもう長い事見てないぞ、多分「10年愛」が最後(マテ
そもそも昨日は風邪で寝こんでおったのだ。の割りに帰りに自転車屋寄ってたけど。
帰ったら、東京アンダーグウランド終わってる罠。wowowの新番組もダニ。
ワダツミさんとこで紹介されてたのだが、単行本の表紙絵だけで気になってたキャラは
やはり狙い通りだった模様。しかし、俺もシナリオ理解不能で見てませんですた。
で、ふて寝。その後起き直して、飯食って寝る前にラーゼフォンにCHだけ合わせて
寝直そうとしたら、何かやってるので適当に見る。結局、それがラーゼフォンだった。
時間変わってるし、激しく。で、この手のシリアスドラマは面倒なので寝ようとしたら大展開
こういうシナリオは大好きです。けど、次回予告と一致しないような気が?
十分面白いんだけど物足りなさが。やはりあのメンツは3人くらい揃ってナンボ。
出渕だけでは、逆に中途半端感のあるかと。メカ的に異論はありませんが。

さて、今の自転車がリム変形、車軸ブレ、ブレーキ効かずとそろそろ事故りそうなので
買い替えを検討中。車軸発電で自動点灯のママチャリを見に行ったら、最低で2万
それなりのは三万もするのですな。それなら折り畳みでもと思ったら4万円する。
しかしこれがあれば車+自転車って活動が可能に。不足は灯火装置だけだし悩む。
ところで プジョーの折り畳みは畳めてないと思う罠。立ってるだけじゃん。
非常にいい折り畳みを売約済みでハケーン、5万くらいなら即チェキと思ったら12万円。
ママチャリで安いのはスチール、ちょっといいのはアルミ、高いのはステンレス。
ま、スチールは2年で錆びてOKとしても二万もしてアルミはどうかと。
素人には聞こえイイかもしれないけど、廉価なアルミ合金なんぞ糞です。
歩道走ってるだけで変形しますぞ。間違った知識その2、チタンは軽くないし丈夫でもない。
単に硬いので薄くできるだけだし、硬いのでロクに塑性変形せずに割れます。
一般的に丈夫っていうのは弾性変形と塑性変形域での話なので、意味が違いますな。
まぁ多分、世間一般的には俺の言う事の方が間違いなので、詳細は自分で学術書をチェキです

最近、ダブりなどの指摘も多いので

当サイトのニュースソースを明らかにしておきます。

『電脳御殿~私生活サトラレ日記』 http://goten.jp/
放蕩オペラハウス http://isweb42.infoseek.co.jp/diary/wgalland/
連邦 http://renpou.com/
ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅ http://members.jcom.home.ne.jp/sarasiru/nikki.html
バーチャルネットアイドル・ちゆ12歳 http://tiyu.to/
The Battle Watcher ANNEX http://hpcgi3.nifty.com/BWP_XP/topic.cgi?action=viewTop
▼TS http://www.iris.dti.ne.jp/~spec/
Tea Room for Conference in academic office http://www.office.ac/tearoom/noframe.cgi
セキュリティホール memo http://www.st.ryukoku.ac.jp/~kjm/security/memo/
.-- TODAY'S REMARK --今日の必ずトクする一言 http://www.bekkoame.ne.jp/~jh6bha/higawari.html
GATES http://www.asahi-net.or.jp/~fv6n-tnsk/gates/
愉快なお話(投稿編) http://www.din.or.jp/~f-aniki/sc/t_neta/index.htm
鴨+++KAMO-HOUSE+++鴨 http://www.os.rim.or.jp/~tukuri/

この辺チェキっておけば、このサイトに来なくても平穏安泰な毎日が過ごせます。
また上記表記は正規のものでないかもしれないけど俺の知った事じゃないので
気にするな(w。HTML規格には準拠してるし、まぁそういうことで夜露死苦。

ちょっと仕様変更してみろりん

トップページその他細かい所を更新しますた。
さて、コミケの告知ページはどうするモニ?

http://natto.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1024910557/


要するに携帯でない端末などで、fromを自分で書けるメーラを使って
携帯ドメインを書き込まれたメールの中継をしない、ってことですが。
i-modeにしろEZ-Webにしろ、送信元が自ドメイン名になっているメールが外部から来た場合に
ブロックするのは簡単でしょう。ドメイン内部の分散サーバは専用で中継させればいいわけで。
しかし、EZWebからi-modeやその逆はどうするのか。
普通なら、該当ドメインのSMTPあたりに参照を掛けさせて遊佐安穏が帰ってきたら
偽メアドってことですが、これは逆に悪用して、該当すれば生きメアドってことでSPAM系で
使われた初期の手口なので、それはないだろう、な。
ちなみに古い手口っていうと、5年以上前にUNIX系のハッキング手段としてバッファオーバフローが
古い手口で紹介されてたのにココ2年で一大騒ぎに。もうね、アフォかとヴァカかと小一時間。
ってことで、i-modeとEZWeb間で専用の参照プロトコル持ってるって事かな?
ちなみにドメインはともかく、実質的な携帯メールはどう分類されてるんでしょ?
auつツーカが同じなのはいいけど、J骨も同系列なら、実質どこもとそれ以外?
PHSは大元の携帯系列に組み込まれてる考えていいのか、
それにPHSでいまだに携帯傘下でないのは残ってるのか。

いずれにせよ、社会インフラになるにつれて本来は自由であるべきな
ネットワークに、必要とは言え制限が増えていくのは、虚しいですな。
一度は、既成概念に捕われないために色々やってたわけで
結局のところ技術は社会に飼い慣らされて行く、その行程を目の当たりにするとどうもね。
まぁ社会ってのもそうやって確立されたわけで全く既成概念に捕われない存在というのも、
無理な話なのですがそれでもハッカーは、その桃源郷を目指すわけです。男のロマンですな。
結局、自由とは、っていう哲学にしか落ち着かないような気もして来たのでオシマイ。
それよかタイトルのスレでも読んだ方がタメになりますよ(w

雑記に入ってみたら突然、空っぽでびっくりしますた

という感じで、月日の流れるのを強く感じる訳ですが
そんなので感じるのもどうかと思うわけですね。

今日は「専用」の話です。JR西日本が今日から女性専用車両導入とかで
そりゃもう車内ではエロエロムハーンは雰囲気なのだと思います。
優先座席とか最強の弱冷房車とかシャア専用に続いて社会的に
認知されそうな、まさに正論を振りかざした感じではありますが、
存在意義的に、女性専用でない車両にいる女性は痴漢OKという事になります。
もしくは痴漢被害未経験者ということで、それはそれで狙われ易いかと思います。
まぁ年齢と容姿を踏まえて節度ある利用を(w
ちなみに、優先座席や善意の席は押しつけがましい感じもしますが
発想を逆にして、そこに座ってる人は優先的に席を譲る事が出来る、と
考えると、そも偽善感が払拭されるのではないかと。
むしろ、優先座席では無い人が先に席を譲るのが無礼と考えるわけです。
弱冷房ってのは、電気代節約の言い訳のようですが、
冷房が体質に合わない人用と言う事でしょう。最近、冷房器の高性能化というか
調整技術などの発達で、冷え過ぎというのは見かけません。
旧フロン冷媒使ってる時の名残でしょう。むしろ我慢の限界に最適化されてますね。
弱冷房ならもう窓開けにしてくれという人も多いでしょう。
ところでいつまでも登場しない、携帯電話専用車もしくは利用禁止車。
どの鉄道に乗っても携帯電話の利用を止めろ、電源も切れと流してますが
社会的に実際にそれを強制すると経済活動が停止してしまう所まで来てます。
また、痴漢や冷房や着席で人の生死を直接的に左右することはないのに、
これに関しては大事だと言う割に言ってるだけで、実際に対策する気はなさそうです。
この辺りで、人権団体ってのがいかに実際の被冷遇者の境遇改善ではなく
権利と主張の濫用に基づく圧力団体かってのが解りますね。
ま、んなことするのはどっかの政党とかどっかの宗教団体の息でも掛かってるんでしょう。
実際、障害者でなくとも携帯電話の話声とかが耳障りな人も多いので利便性の面では、
いい加減そういう動きが見られないとおかしいと思う今日この頃ですな。

« 2002年6月 | トップページ | 2002年8月 »