特殊同人 電幻開発の活動について(2016/07/20現在)

2016/07/20時点でのイベントおよび刊行物は以下の通りです

★これからのイベント
☆2016/12/?? 水面下で調整中
☆2016/11/26 趣味の道路道
☆2016/11/?? 水面下で調整中
☆2016/09/01 『廃線ナイト!vol.4~歩みを止めた鉄道線路祭り~』

●終了したイベント
○2016/06/02 『廃線ナイト!vol.3~歩みを止めた鉄道線路祭り~』
○2016/05/21 “道”愛好家大集会! 【 はじめての道路デイ~Virgin~ 】
○2016/03/02 『廃線ナイト!vol.2~歩みを止めた鉄道線路祭り~』
○2016/02/27 『別世界BAR周年スペシャルvol.1 since2015』 (全国メイド喫茶紹介を担当)
○2015/12/02 『廃線ナイト!~歩みを止めた鉄道線路祭り~』
○2013/07/14 廃線跡の記録トークイベント in 十三
○2013/05/18 廃墟ナイト~廃墟バトルロワイアル!
○2013/04/20 『廃線跡の記録4』トークショー in お台場
○2012/11/04 全国せまい線路サミット IN 高知(司会担当)
○2012/09/08 オレ鉄ナイトin大阪
○2012/03/10 『廃線跡の記録3』出版記念スペシャルトーク!!
○2012/02/05 オレ鉄ナイト2


●刊行物

Darktourism2japan
誌名:「DARK tourism JAPAN 産業遺産の光と影 」
概要:何気なくあなたの町にある悲しい歴史を持つ古い建物、路傍の慰霊碑、枯れた裏路地。
寸法:A4変判144p \880
発行:2015/12/17
状況:書店扱いあり(東邦出版)


000945

誌名:「DARK tourism JAPAN Vol.1」
概要:悲しみの記憶を旅する、日本初の「ダークツリーリズム」専門誌
寸法:A4変判95p \880
発行:2015/07/28
状況:書店扱いあり(大洋図書)


Haisen4280

誌名:廃線跡の記録4
概要:"約40の廃止路線と全国に眠る20弱の廃車両を収録。
鉄道ファンもそうじゃない方も魅了してやまない素晴らしい光景"
寸法:B5判112P フルカラー ¥1600
発行:2013/04/18(三才ブックス)
状況:書店扱いあり(三才ブックス)
備考:戸井線・白糠線・国見鉱山専用線・新潟交通電車線を担当



廃線跡の記録3 

誌名:廃線跡の記録3
概要:"鉄道ファンも廃墟ファンもドボクファンも必見の目を見張る光景を大量に掲載"
寸法:B5判112P フルカラー ¥1600
発行:2012/03/10(三才ブックス)
状況:書店扱いあり(三才ブックス)
備考:美幸線・尾小屋鉄道・羽幌炭礦鉄道・三木鉄道・魚簗瀬森林鉄道を担当


廃線跡の記録2



誌名:廃線跡の記録2
概要:"高い資料性を備えつつ、数多くの美しい写真を使って廃線跡の今を伝える"
寸法:B5判112P フルカラー ¥1600
発行:2011/03/29(三才ブックス)
状況:書店扱いあり(三才ブックス)
備考:表紙及び名羽線・下夕張森林鉄道夕張岳線・明延鉱山専用鉄道(明神電車軌道)を担当


続きます

» 続きを読む

グルメ@「未成線跡で見つけたグルメの旅」 #ロリ鉄

呼子線の第2西唐津トンネル近くのタコ焼き屋
郊外の住宅街なのに市内局番1桁の頃から営業してて、前日夕方は売り切れなので期待してみたら、昔懐かし感じの味で歯ごたえも見事なタコ焼き屋でしたタコ焼き屋なのに駐車場あるし向かいの魚屋と共通なことから考えて、魚屋の副業としてタコ焼き屋やってるから、安くて美味くて評判なのかもしれない買い食いしてる間も買い物帰りのおばあちゃんが買い食いしに寄ってたり、地元の子供がお使い頼まれて買いに来たり、店にいるだけでも癒される空間でした思わず童心に帰って、ついでにラムネを買ったら思い切り炭酸をぶちまけてしまったり、子供心を取り戻せる素敵なお店です
ちなみに、「未成線跡で見つけたグルメの旅」の元ネタはテレビ東京「廃線跡で見つけたグルメの旅」です








グルメ@唐津駅の改札口にある「ラーメンきあげ」

今日の #ラーメニング 唐津駅の改札口隣にある「ラーメンきあげ」 昔ながらの豚骨スープながら味噌のような粒子感もあり、角煮に加えてモツ串も入ってるのが唐津のラーメンなのか、なかなか美味しい チャーハンは高菜入りなの九州の典型的なスタイルなのかな


グルメ@神戸市内のドムドムハンバーガー一斉閉店で3月からは湊川の一軒だけに… #ドムさんぽ

「ここは光と波の街ポートアイランド、前世紀の神戸が産み出した近未来の海上都市。 ガラパゴス状態で生き延びていたダイエー帝国の残滓エバーグリーンをイオン化の波が襲う。 次回『ポテトフライ(L)閉店セール290円→200円』 来週もドムさんぽに付き合ってもらう。」
というわけで、ポートアイランドや甲南山手のドムドムハンバーガーが2017年2月に一斉閉店して、神戸市内は湊川だけになるそうです。かつてダイエー帝国のお膝元であった神戸市内でこの有り様とは、時代の流れの残酷さを感じざるを得ません。「いつまでも、あると思うな、ドムドムハンバーガー」や「食べて遺そう、ドムドムハンバーガー」など、どこかで聞いたようなフレーズではありますが、利用して支えない限り、いつかは消えてしまう運命なのは、どのジャンルにも共通していることだと思います。














«グルメ@神戸高速鉄道の新開地駅の名物みたらし団子屋「神戸天徳」が3月末で閉店