特殊同人 電幻開発の活動について(2016/07/20現在)

2016/07/20時点でのイベントおよび刊行物は以下の通りです

★これからのイベント
☆2016/12/?? 水面下で調整中
☆2016/11/26 趣味の道路道
☆2016/11/?? 水面下で調整中
☆2016/09/01 『廃線ナイト!vol.4~歩みを止めた鉄道線路祭り~』

●終了したイベント
○2016/06/02 『廃線ナイト!vol.3~歩みを止めた鉄道線路祭り~』
○2016/05/21 “道”愛好家大集会! 【 はじめての道路デイ~Virgin~ 】
○2016/03/02 『廃線ナイト!vol.2~歩みを止めた鉄道線路祭り~』
○2016/02/27 『別世界BAR周年スペシャルvol.1 since2015』 (全国メイド喫茶紹介を担当)
○2015/12/02 『廃線ナイト!~歩みを止めた鉄道線路祭り~』
○2013/07/14 廃線跡の記録トークイベント in 十三
○2013/05/18 廃墟ナイト~廃墟バトルロワイアル!
○2013/04/20 『廃線跡の記録4』トークショー in お台場
○2012/11/04 全国せまい線路サミット IN 高知(司会担当)
○2012/09/08 オレ鉄ナイトin大阪
○2012/03/10 『廃線跡の記録3』出版記念スペシャルトーク!!
○2012/02/05 オレ鉄ナイト2


●刊行物

Darktourism2japan
誌名:「DARK tourism JAPAN 産業遺産の光と影 」
概要:何気なくあなたの町にある悲しい歴史を持つ古い建物、路傍の慰霊碑、枯れた裏路地。
寸法:A4変判144p \880
発行:2015/12/17
状況:書店扱いあり(東邦出版)


000945

誌名:「DARK tourism JAPAN Vol.1」
概要:悲しみの記憶を旅する、日本初の「ダークツリーリズム」専門誌
寸法:A4変判95p \880
発行:2015/07/28
状況:書店扱いあり(大洋図書)


Haisen4280

誌名:廃線跡の記録4
概要:"約40の廃止路線と全国に眠る20弱の廃車両を収録。
鉄道ファンもそうじゃない方も魅了してやまない素晴らしい光景"
寸法:B5判112P フルカラー ¥1600
発行:2013/04/18(三才ブックス)
状況:書店扱いあり(三才ブックス)
備考:戸井線・白糠線・国見鉱山専用線・新潟交通電車線を担当



廃線跡の記録3 

誌名:廃線跡の記録3
概要:"鉄道ファンも廃墟ファンもドボクファンも必見の目を見張る光景を大量に掲載"
寸法:B5判112P フルカラー ¥1600
発行:2012/03/10(三才ブックス)
状況:書店扱いあり(三才ブックス)
備考:美幸線・尾小屋鉄道・羽幌炭礦鉄道・三木鉄道・魚簗瀬森林鉄道を担当


廃線跡の記録2



誌名:廃線跡の記録2
概要:"高い資料性を備えつつ、数多くの美しい写真を使って廃線跡の今を伝える"
寸法:B5判112P フルカラー ¥1600
発行:2011/03/29(三才ブックス)
状況:書店扱いあり(三才ブックス)
備考:表紙及び名羽線・下夕張森林鉄道夕張岳線・明延鉱山専用鉄道(明神電車軌道)を担当


続きます

» 続きを読む

グルメ@先日のラーメニング 都島のラーメンawaodoriの「あわおどりラーメン」

先日のラーメニング 都島のラーメンawaodoriの「あわおどりラーメン」魚貝系スープに綿アメの乗った個性的なラーメンは、スープのクセの強さと綿アメの甘さが見事にマッチング綿アメの溶けていく様子をのんびり眺めているとチャーシューに染み込んでしまうので、溶け始めたら早めにチャーシューを引き抜く必要あり




グルメ@先日のラーメニング 阿波座の「まけんきラーメン」

先日の #ラーメニング 阿波座の「まけんきラーメン」、醤油トンコツのラーメン自体もバランスが良くて旨いのだが、特筆すべきはチャーハン中華料理店とも違うラーメン屋らしいチャーハンでスゴく旨い上に、単品で1人前だと半チャーハンの4倍くらい巨大なチャーハンが出てくるこれで特大650円だとどんな巨大なチャーハンなのか、1人では試せそうにないデカさだろうな






観光@岐阜県の「養老天命反転地」がヤバイくらいに面白い

観光@岐阜県の「養老天命反転地」がヤバイくらいに面白い
観光@岐阜県の「養老天命反転地」がヤバイくらいに面白い
観光@岐阜県の「養老天命反転地」がヤバイくらいに面白い
観光@岐阜県の「養老天命反転地」がヤバイくらいに面白い
観光@岐阜県の「養老天命反転地」がヤバイくらいに面白い
観光@岐阜県の「養老天命反転地」がヤバイくらいに面白い
観光@岐阜県の「養老天命反転地」がヤバイくらいに面白い
珍スポットとして有名な「養老天命反転地」に行って見たんだが、見事なくらい狂気を立体造形してあって、説明とかなくとも人生の不条理さとか悟り始めるし、アスレチックワールドとしても難易度高いので、子供連れや運動不足の人や人生に思い悩んでる人には超オススメのアート空間だ

レトロ@阪急十三駅前の #純喫茶 「なにわ」 5月20日で閉店らしいので行ってみた

レトロ@阪急十三駅前の #純喫茶 「なにわ」 5月20日で閉店らしいので行ってみた
レトロ@阪急十三駅前の #純喫茶 「なにわ」 5月20日で閉店らしいので行ってみた
レトロ@阪急十三駅前の #純喫茶 「なにわ」 5月20日で閉店らしいので行ってみた
レトロ@阪急十三駅前の #純喫茶 「なにわ」 5月20日で閉店らしいので行ってみた
レトロ@阪急十三駅前の #純喫茶 「なにわ」 5月20日で閉店らしいので行ってみた
レトロ@阪急十三駅前の #純喫茶 「なにわ」 5月20日で閉店らしいので行ってみた
レトロ@阪急十三駅前の #純喫茶 「なにわ」 5月20日で閉店らしいので行ってみた
レトロ@阪急十三駅前の #純喫茶 「なにわ」 5月20日で閉店らしいので行ってみた
レトロ@阪急十三駅前の #純喫茶 「なにわ」 5月20日で閉店らしいので行ってみた
5月20日に閉店する阪急十三駅前の純喫茶「なにわ」、5月中旬に閉店予定の知らせがあってから不定休業で、ようやく営業中に来店出来ました

丸みを持った大窓から見下ろす十三駅の改札口は、まだ携帯電話などなかった昭和の時代の待ち合わせシーンを思い起こさせます
1階の立ち食いうどん屋は家族経営のようで、喫茶なのにうどんの出前が頼めるのも珍しいところですが、
閉店が近いため軽食メニューは終わってしまい、注文出来るのはトーストと飲み物だけですが、クリームソーダで子供心を取り戻せば、そこはもう昭和の世界です
純喫茶そのものが消えつつありますが、私鉄路線の乗換駅という独特の立地は、商店街や市街地の純喫茶とはまた違った存在感があります
写真を撮りそこねましたが、レジ自体も年代物なのでお見逃しなきよう!
※そういえば阪急の駅前の駅そばが「都そば」じゃない駅って珍しいような?

今日の #ラーメニング 阪急十三駅の西側の高架下にある博多ラーメン「一福」

今日の #ラーメニング 阪急十三駅の西側の高架下にある博多ラーメン「一福」 有名ラーメン屋「くそオヤジ最後のひとふり」(※正式な店名)の数軒隣 関西風の博多ラーメン自体は悪くないもののいかんせん手際が悪く、1杯作ってから次の麺を茹で始めたりと昼休みに食べに行くには厳しいです


«グルメ@今日の #ラーメニング 天下一品の下鳥羽店のチャーハン定食